【MediaEncorder】XDCAM HD422の動画ファイルをMEに読み込む方法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

XDCAM HD422で収録されたデータを直接Adobeのメディアエンコーダに読み込む方法です。

特に難しい設定があるわけではありませんが、XDCAMは規格の仕様上ファイルデータが階層構造になっているため、動画の本体データを直感的に選択することができません。

毎度迷わないように、備忘録としてここにメモしておきます。

まず、メディアエンコーダのキューにて「ソースを追加ボタン(+のアイコン)」をクリックし、対象ファイルの選択にすすみます。

adobe_mediaencorder_001

以下は、XDCAM HD422側のファイルの中身です。

「clip」「Edit」「Sub」といったフォルダと、「DISCMETA.XML」「MEDIAPRO.XML」といったファイルがあります。

adobe_mediaencorder_002

XDCAMは、AVCHDなどと同様に、複数のメタファイルなどをふくむ階層構造になっています。

この中から動画本体データを選べばよいわけです。

動画の本体データは「clip」フォルダの中にある「.MXF」拡張子のデータになります。

adobe_mediaencorder_003

上図では「C0001.MXF」がそれになります(C001の部分はファイルごとに異なります)。

なので、この「.MXF」ファイルを選択してあげると・・・

adobe_mediaencorder_004

無事にキューに読み込まれました。

あとは、通常通り変換作業を行なうだけです。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。