【AfterEffects】配置したレイヤーに合わせてコンポジションをリサイズする方法




AfterEffectsで作業をしているときに、しばしば、配置したレイヤー(オブジェクト)の大きさにコンポジションサイズを合わせたい場合があります。

その方法を調べてみましたので、ココにメモしておきます。

1. スクリプトを利用する方法

まずひとつの方法として AEP Projectt_e_t_s_u_oさんが、無償で公開して下さっているスクリプトを利用するやり方があります(*この場を借りて作者様にお礼申し上げます、ありがとうございます)。

選んだレイヤーを内接する大きさのコンポにするスクリプト

需要あるかわからないけど、選んだレイヤーをぴったり含むコンポジションに変えます。 レイヤーを回転、拡大していても、コンポに内接するようになります。 マスクと3Dレイヤーは未対応。 //選んだレイヤーを内接する大きさのコンポにする。 //3Dレイヤーは未対応 …

上記ページ下部の「DOWNLOAD FILES」ボタンをクリックしてスクリプトファイルをダウンロードします。

comp_resize_001

ファイルはZip圧縮されていますので、任意の場所で解凍&保存します。

「resizeCompositionFromSelectLayers.jsx」がスクリプトファイルです。

comp_resize_002

今回は下図のように「1920x1080」サイズのコンポジションに置かれた「520x500」サイズのレイヤーオブジェクトに合わせて、コンポジションをリサイズしてみます。

comp_resize_003a

リサイズの基準にしたい当該レイヤー(オブジェクト)を選択した状態で「ファイル>スクリプト」から「スクリプトファイルを実行」をクリック。

先ほどダウンロードしたスクリプトファイルを選択します。

comp_resize_004

…と自動的にコンポジションのリサイズが行われ、レイヤーサイズ「520x500」のコンポジションになりました。

comp_resize_005

2. 目標範囲を設定してクロップする方法

こちらは上記のスクリプトを利用する方法よりもアバウトですが、レイヤーサイズに限らず任意の大きさでコンポサイズを変更できるので便利なやり方です。

以下のように、大きなレイヤー(白色の範囲)の中に、星型のイラストがある状況で、この星型のサイズにコンポジションサイズを変更してみます。

comp_resize_006

まずは、コンポジションウィンドウ下の「目標範囲」アイコンをクリックして有効化します

comp_resize_007

この状態で、コンポジションウィンドウをドラッグすると「目標範囲」の枠が作成されます。星のサイズに合わせて設定します。

comp_resize_008

続いて「コンポジション>コンポジションを目標範囲にクロップ」をクリックします。

comp_resize_009

すると先ほど設定した「目標範囲」のサイズにコンポジションサイズが変更されます。

comp_resize_010

まとめ

というわけで、AfterEffectsで配置したレイヤーに合わせてコンポジションをリサイズする方法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:ミモリ

「映像知識のメモ帳」を運営しているミモリです。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。