「たのまな Adobeトレーニング講座」を受講した感想と利用時の注意点

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

「アドビトレーニング通信講座」は、たのまな(ヒューマンアカデミー)が運営している講座です。

Adobe製品の操作方法などが学べる動画講座に加えて、Adobe CreativeCloudのサブスクリプション(使用権利)が付属してくるのが特徴。

Adobeソフトに関しては、これまでなんとか我流でやり過ごしてきた私。

常々、しっかり基礎から学んでみたいと考えていたとのですが、こちらの「アドビトレーニング通信講座」のキャンペーンを発見し、早速 一番リーズナブルな「オンライン動画講座1ヵ月間受け放題 + AdobeCC(使用期間:12ヶ月)」コースを受講してみることにしました。

関連記事 Adobeトレーニング講座に関して「商用利用可能なの?」「機能制限とかあるの?」といった疑問をお持ちの方は、以下の記事も合わせてお読みください。 ※商用利用可能で、機能制限も特にありません。

お得すぎる通信講座「たのまな Adobeトレーニング講座」の基本情報まとめ

2019/01/10

「たのまな Adobe講座」注文以後の流れ

注文以後の流れは、およそ以下の感じです。

注意

【2020.04追記】現在「たのまな Adobeトレーニング講座」では、受講に必要なキットやパスワード等をすべてメールにて配信しています。以下の記事は、2019年以前に私が受講した際の模様になりますので ご注意ください(資料として当時のまま保管しております)。

関連記事 現在の「たのまな Adobeトレーニング講座」の申し込み以後の流れに関しては↓こちらの記事をお読みください。

たのまな Adobeトレーニング講座:申し込み以後の登録の流れ【2020年版】

2020/04/10

注文&受付けメールが届く

2019.01.05(土)。ネットで 申し込みを行いました。

領収書が欲しかったので、注文時に「ご要望などがありましたらご記入ください」欄に、以下のように発行希望の旨の記載を行いました。

※公式サイトによると、領収書のただし書きは「アドビソフト代」だけの表記は不可で、上記のように「通信教育代+アドビソフト代」だとOKとのこと。

管理人より
【2019.07追記】その後の規約改定により 現在では 法人名義(屋号含む)での申込み・購入はできなくなっていますのでご注意ください。お申込名・お振込み名・領収証名は必ず「受講者の個人名」にて記載する必要があります

申込み終了後、自動送信メールにて「ヒューマンアカデミー通信教育センター:ご注文ありがとうございます」メールが届きます。

支払確認メールが届く

2018.01.07(月)。申し込んだのが土曜日だったためか、当日にはカード決済の確認ができず、週明けの月曜日になって「たのまな」から「カード支払確認」のメールが届きました。

これでようやく注文が完了です。

商品の発送メールが届く

2018.01.11(金)。「たのまな」より、商品(受講キット)を発送した旨のメールが届きました。

管理人より
この記事を書いた当時は 以下で紹介しているように 受講キット&AdobeCCのメンバーシップコードは郵送されていました。しかし、現在ではすべてメールで受け取る仕組みになっています。

領収書が到着

2018.01.12(土)。なぜか最初に「領収書」だけが先に届きました。

注文時に指定したように、ただし書きは ちゃんと「通信教育代+アドビソフト代」になっています。

管理人より
その後の規約改定により 現在では 法人名義(屋号含む)での申込み・購入はできなくなっています。

ちなみに、領収書が入ってきたのは普通の封書なので、ポストに投函されていました。※受け取り時のサインは必要ありません。

受講キットが到着

2018.01.15(火)。領収書の到着から3日、注文からのべ10日目にしてようやく受講キットが届きました。

こちらは、佐川急便で届くため受け取り時にサインが必要です。

「たのまな Adobe講座」受講キットの内容

私が選んだ「オンライン動画講座1ヵ月間 受け放題+ AdobeCC(使用期間:12ヶ月)」コースは、その名の通りメインの動画講座を「オンライン受講」するコース。

そのため「受講キット」といっても、動画講座のURLとログイン用のアカウント&パスワードが記載された紙と、Adobeソフトのダウンロードカード、納品書などが入っているだけです。

正直、この程度の内容であれば、WEB経由で受け取った方がお互い楽だと思うのですが、まあ、色々な事情があるのでしょう。

Adobeソフトのアカウントは↓こちらの中に入っています。

管理人より
2019年6月からは上の写真のようなパッケージの送付はなくなりました。現在では 購入手続き後にメールにて「24桁のLIVEコード」が届く仕組みになっています。

また、キットには あらかじめ「受講証明書」が同封されていました(笑)。

このへんは合理化されているんですね~。

まとめ

ということで、たのまな「Adobeトレーニング講座」を受講した感想でした。

関連する記事

たのまなの「Adobeトレーニング講座」に関しては いくつか記事を書いていますので、以下も合わせてお読みください。

2 件のコメント

    • 仰るように、Adobeアプリは難しいですよね。
      Photoshopだけ、Illustratorだけと1つのアプリに限定しても 一通りの操作を覚えるのは時間がかかります。
      コツコツ時間をかけて慣れていくしかないですね・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「映像知識のメモ帳」管理人:高田

    「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。