【Premiere/AfterEffects】QuickTime削除後の動作検証 ※cc2014当時

Premiere関連

Windows版QuickTimeのサポート終了に伴い、トレンドマイクロなどではQuickTimeの削除(アンインストール)を呼びかけています。

しかし、動画編集ソフトを利用している場合、QuickTime削除後の挙動がどうなるのか不安なため、削除するのをためらっている方も多いのではないでしょうか?

私の環境(windows7/64bit)においてQuickTime削除後の各種映像系ソフトの挙動を検証してみましたので、情報の共有を目的として ここで紹介しようと思います。

この記事では「PremierePro」「AfterEffecsts」を検証しています。

注意

この記事は「PremierePro/AfterEffects」の「cc2014」をベースに QuickTime削除後の検証を行ったものであり、資料として当時のまま記事を公開しています。アプリの最新版の挙動とは結果が異なりますのでご注意ください。

アプリケーションの起動

Premiere、AfterEffectsとも ソフトの起動自体は特に問題ありませんでした。
ただし AfterEffectsでは以下のような警告画面が表示されます。

ae_001

QuickTimeの削除によって読み込みが出来なくなったファイルは、オフライン状態になります。

データの読み込みと書き出し

Adobe公式では「ProResとアニメーション形式」以外は対応している・・・とのことでしたが、私しの環境(CC2014)においては「PNG動画、Jpeg2000動画」も読み込みができませんでした。CC2015であれば対応しているのかもしれません。

PNGの動画というのは、先日の記事「fotolia(フォトリア)でアルファチャンネル付きの動画を登録する方法」でも触れたとおり、ストックフォトサービス「Fotolia」にアルファチャンネル付き動画をアップロードする際の唯一の選択肢となっています。これが読めないのはちょっと痛いので、後ほどCC2015でも検証をしてみたいと思います。

静止画系は、特に問題なく表示されます。

また、意外だったのが、制限はあるもののQuickTime形式(MOV)での書き出しも可能だった点。詳細は下表をご覧ください。

Premiere、AfterEffects共に、読み書きはほぼ同じ挙動に成りましたので、一括で表を作成しています。

動画系データ

ae_002

静止画系データ

ae_003

※SGIの「読み/書き」はAfterEffectsのみです(Premiereは元々対応していません)。

まとめ

CC2014での検証ということもあり、その点は割り引いて考える必要はあると思いますが「さすがに”影響まったくなし”ってことはなかったか・・・」といった位の感じですね。

EDIUSと違って静止画系の読み込みも普通にできていますので、今後のAdobeの対応と自分なりの工夫で、なんとかやっていけそうな感じではあります。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。