【EDIUS】QuickTime削除後の動作検証 ※ver6.08当時

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

Windows版QuickTimeのサポート終了に伴い、トレンドマイクロなどではQuickTimeの削除(アンインストール)を呼びかけています。

しかし、動画編集ソフトを利用している場合、QuickTime削除後の挙動がどうなるのか不安なため、削除するのをためらっている方も多いのではないでしょうか?

私の環境(windows7/64bit)においてQuickTime削除後の各種映像系ソフトの挙動を検証してみましたので、情報の共有を目的として ここで紹介しようと思います。

この記事では EDIUS(ver6.08)の結果を記載しています。

注意

この記事は「EDIUS ver6.08」をベースに QuickTime削除後の検証を行ったものであり、資料として当時のまま記事を公開しています。アプリの最新版の挙動とは結果が異なりますのでご注意ください。

アプリケーションの起動

EDIUS自体の起動は問題ありませんでした。

ただし、後述するように、QuickTimeの削除によって読み込みが出来なくなったファイルは、オフライン状態になります。

edisu_sakujo_003

データの読み込みと書き出し

主要な動画・静止画ファーマットの読み込みと書き出しを行ってみました。

動画系データ

edisu_sakujo_001

動画系データに関しては以下のような挙動でした。

  • MOVラッパーのものはすべて「読み/書き」不可
  • MP4ラッパーのものもほぼ全滅。ただしMP4ラッパーを利用しているXDCAM EX(MPEG HD)の素材は読み込めた。またH.264のMP4は書き出しができるものの読み込みは出来ず(書き出したものを他ソフトで読み込みは可能)

関連記事 私は未検証ですが「edius…?」さんの検証結果をみるとVer8では「MOV」「MP4」の読み込みもできる模様。

静止画系データ

edisu_sakujo_002

静止画系ファイルはほぼ全滅状態で、読み書き可能なのは以下の形式のみです。

  • 読み込み:BMP、TGA(アルファチャンネル可能)のみ
  • 書き出し:TGA、SGIのみ

まとめ

上述のようにVer8では、MOV形式の読み込みも可能・・・とのことですが、動画はともかく静止画系が読み込めないのは致命的ですね。

かろうじて、BMPとTGAは読み込めるので、通常の静止画はBMPに変換、アルファチャンネル(透明情報)付きの静止画はTGAに変換して読み込めば、一応読み込めます。

仮に今後GrassValleyが対応パッチを出すにしてもVer6は除外される可能性が高く、本格的にソフトの移行を考えようかと思っています。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。