【Photoshop】「元のスマートオブジェクトを編集できません」エラーが出た場合の対処方法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

Illustratorからスマートオブジェクトとして持ち込んだ図形のレイヤーがあり、これを編集しようと Photoshopの当該レイヤーをダブルクリックとしたところ以下のようなエラー画面がでてしまいました。

psd_error_001

「元のスマートオブジェクトを編集できません。スマートオブジェクトを作成したアプリケーションを起動できませんでした」

本来なら スマートオブジェクトをダブルクリックすると、作成元のIllustratorが起動するのが通常の挙動です。

ただ データ作成時のIllustratorのバージョンはcc2014で、今PCにインストールされているのはcc2015。

そのため なんらかのデータの不整合があったのかな?とも思ったのですが、ではどうやったら その関連性を変換できるのか 方法がわかりません。

原因は「OSとの連係エラー」

どうしたものかと思いつつ、何気なく元データを入れているフォルダを開いたところ・・・

psd_error_002

なんと「.ai」のアイコンが全て白紙(=起動アプリが不明)状態になっています。

どうやらWindows側とアプリの連携がうまくいっていなかったようです。

回復方法

以下のような手順で「.ai」の起動アプリをIllustrator cc2015に再指定しました。

まずは 白紙状態になっている適当なIllustratorデータ(.ai)を選び、「右クリック>プロパティ」を選択(※.aiのファイルであればどのデータでも構いません)。

psd_error_003

プロパティウィンドウが開いたら、「プログラム:不明なアプリケーション」となっている項目の「変更」ボタンをクリック。

psd_error_005

「ファイルを開くプログラムの選択」ウィンドウが開くので、Illustrator cc2015を選択し、OKボタンを押します。

psd_error_006

推奨されたプログラムにIllustratorがない場合は、下部の「参照」ボタンをクリックし、Illustratorのインストール先(例:「Cドライブ > Program Files > Adobe > Adobe Illustrator CC 2015」) などから直接アプリを指定しましょう。

プロパティウィンドウに戻り、「プログラム」部分が「Illustrator cc2015」になっていることを確認し、「適用」ボタンを押します。

psd_error_007

.aiのアイコンがIllustratorのアイコンになれば成功です。

以上で、スマートオブジェクトの起動時のアプリもIllustrator cc2015に変更されます。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。