【QuickTime】Adobe次期アップデートでProResのネイティブサポートを明言

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

Windows版QuickTimeのサポート終了に関する問題(詳しくはコチラ)に関連して、5月25日にAdobeから新たな発表が行われました。

Adobe Creative Cloud製品の次期アップデートにて、Windows環境でのProResネイティブデコードがサポートとなります。
アップル社のライセンス及び認証も受けているとのことです。(Adobe Focus In TV – 映像塾CC

大元の米国Adobeのブログ記事によると、他にも.MOVラッパーの「DNxHD/DNxHR」や、AAC、PNG、アニメーション形式などもサポートされる模様。

Additionally, we are planning on adding native export support to .mov wrapped files of DNxHD and DNxHR. This shows our commitment to the DNxHD/DNxHR codecs. This support augments our currently supported import of DNxHD and DNxHR in .mov and .mxf and native export in .mxf. Similarly, in an effort to allow as many legacy files to be supported as possible we will also be supporting the reading of AAC Audio and PNG Compressed frames and the reading/writing of Animation frames.

既に4月の時点で、「(ネイティブデコードに関しては)現在、その対応を進めていますが、その対応時期は未定となっています。」との発表はあったわけですが、今回は、それを上書きしつつ 状況に関して具体的な踏み込んだ発表になったようです。

アップデートの次期は明言されていませんが、そう遠くない次期と思われます。

また 気になる「Windows環境からのProResの書き出し」ですが、記事を見る限り「support native reading of ProRes.」となっていますので、書き出しに関しては今まで同様無理な模様ですね。

まとめ

というわけで、Adobe次期アップデートでProResのネイティブサポートを明言・・・というお話でした。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥47,760 (2020/09/29 14:06:45時点 Amazon調べ-詳細)
Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。