【PDW-U2】映像編集アプリからプロフェッショナルメディアに動画を書き出す方法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

プロフェッショナルメディアに収録された動画の再生/書き出しが可能なXDCAMドライブPDW-U2を使い始めてしばらくたちます。

動画をプロフェッショナルディスクに書き出す際の方法に関して、情報をまとめておきます。

事前に準備しておくこと

この記事ではPDW-U2を使って「XDCAM422 HD(50Mbps)」のデータを、編集ソフトからプロフェッショナルディスクに書き出す方法を紹介します。

書き出しの前に以下を済ませておきましょう。

必要なもの

事前に作業しておくこと

「XDCAM Drive Utility Software」を用いて、プロフェッショナルディスクをあらかじめフォーマットしておきます。

xdcam_012

「PremierePro」から書き出す

編集アプリの中には、エンコード時に直接PDW-U2に動画データを書き出せるものもあります(EDIUSなど)。

ただし PremiereProにはそうした機能がないため、以下のように2段階の手順で書き出す必要があります。

  1. 編集ソフト側で「MXF OP1a」形式で動画を書き出す
  2. 出来た動画ファイル(MXF OP1a)を、プロフェッショナルディスク内の「Clip」フォルダにコピーする
管理人より
【追記】cc2015から Premiereでも直接書き出しができるようになりました。具体的な方法はコチラの記事をご覧ください。

1:動画をMXF OP1aで書き出す

まずは、動画ファイルを書き出すわけですが、その際の設定項目で気をつけるポイントは以下のとおり。

  • 動画形式は「MXF OP1a」で書き出す
  • ビデオコーデックは「XDCAM HD 422(50Mbps)」
  • 音声は「24bit/ 8ch / 48000 Hz(48kHz)」

PremiereProではプリセットに「XDCAM HD 50 ~」というのがあるので、それをベースに設定すると便利です。

動画は「MXF OP1a」形式で書き出します。出力名は 半角英数にしておきましょう。

xdcam_002

ビデオコーデックは「XDCAMHD 50 NTSC (4:2:2)」を選択します。

xdcam_003

オーディオは「24bit/ 8ch / 48000 Hz(48kHz)」にします。

xdcam_004

以上を設定してMXFファイルを書き出しを行います。

xdcam_005

書き出しは以上です。

2:「.mxf」ファイルをプロフェッショナルディスクにコピーする

続いて、上記で作成したMXFファイル(test_0330.mxf)を、PDW-U2内のプロフェッショナルディスクにコピーします(※コピーの前に書き出すプロフェッショナルディスクを必ずフォーマットしてください)。

エクスプローラーから、PDW-U2の中に入ります。

xdcam_007

プロフェッショナルディスクの中身は以下のようなフォルダ構造になっています(※各フォルダの内容に関してはこちらのページが参考になります)。

xdcam_008

このうち「Clip」というフォルダに、先に作成したMXFファイルをコピーします。

コピーすると PDW-U2で書き込みが開始されます。

3:内容を確認する

コピー後の「Clip」フォルダ内の様子です。

xdcam_013

今回コピーした「test_0330.MXF」ファイルの他に「.xml」や「.KLV」といった拡張子のデータが自動で生成されます。

これはPDW-U2側で作成しているメタデータなので、削除したりせずにそのままにしておきます。

また、動画のプロキシ(低画質版)の格納庫である「sub」フォルダ内にも、自動でプロキシファイルが生成されます。

Content Browserを使って、プロフェッショナルディスクを確認すると、ちゃんと動画が認識されています。

xdcam_009
【追記】cc2015.3から直接書き出しが可能に!

2016年6月に発表されたアップデート(cc2015.3)以降、XDCAM HDディスク内の「clip」フォルダに直接書き出しができるようになりました。

Premiere関連

【Premiere】XDCAMディスクに直接動画データを書き出す方法

2016/06/28

「EDIUS」から書き出す

「ファイルへ出力(F11)」から「XDCAM > XDCAM HD 422」を選びます。

xdcam_010

すると出力先ウィンドウが開きます。

xdcam_011

ここで、出力先を「フォルダー」にすると、PremiereProと同じく、任意のフォルダにMXFファイルが書き出されます。

一方、「XDCAMドライブ」にすると、自動で直接PDW-U2にファイルが書き込まれますので、その後のコピー作業は必要ありません。ですから、EDIUSの場合は 特に理由がなければ「出力先=XDCAMドライブ」を選択したほうが便利です。

「Final Cut 7」から書き出す

私は未検証ですが、「伊藤忠ケーブルシステム株式会社」さんのホームページにて方法が紹介されています。

FCP7からXDCAMファイルをU2等のデバイスへエクスポートする方法

まだまだFCP7は現場で現役で使われていると思いますので、今回はFCP7でのXDCAMファイルベース運用方法を紹介します。 まずFCP7は編集素材を全てQuickTimeラッパー形式で読み込みますので、XDCAM-MXF・MP4形式からQT形式へラッパー変換させるソフトが必須になります。 PDW-U2ドライブやSxSメモリカードからデータを吸い出す場合には各ドライバが必要になります。 …

まとめ

というわけで、映像編集アプリからプロフェッショナルメディアに動画を書き出す方法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。