【Mac】歴代OSのバージョン名とコードネームの対応表と旧バージョンの入手法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

Mac環境では OSのバージョンを表記・呼称する際に、数字で表されるバージョン名の他に「コードネーム」が用いられることが一般的です。

しかし普段Macを使用していない私のような人間にとっては、バージョン名の数値と コードネームがなかなか一致しません。

そこで、MAC OS X(10)以降の、バージョン名とコードネームの対応表を作ってみました。

バージョン名とコードネームの対応表

バージョン名コードネーム発表時期備考
MAC OS X 10.0Cheetah:チーター2001年3月なし
MAC OS X 10.1Puma:プーマ2001年9月なし
MAC OS X 10.2Jaguar:ジャガー2002年8月なし
MAC OS X 10.3Panther:パンサー2003年10月なし
MAC OS X 10.4Tiger:タイガー2005年4月なし
MAC OS X 10.5Leopard:レパード2007年10月なし
MAC OS X 10.6Snow Leopard:スノーレパード 2009年8月なし
MAC OS X 10.7Lion:ライオン2011年7月なし
OS X 10.8Mountain Lion:マウンテンライオン 2012年7月なし
OS X 10.9Mavericks:マーベリクス 2013年10月なし
OS X 10.10Yosemite:ヨセミテ2014年10月なし
OS X 10.11El Capitan:エルキャピタン 2015年9月なし
mac OS 10.12Siera:シエラ2016年9月なし
mac OS 10.13High Sierra:ハイシエラ2017年9月なし
mac OS 10.14Mojave:モハベ2018年9月なし
mac OS 10.15Catalina:カタリナ2019年10月なし
macOS 11.0Big Sur:ビッグサー2020年なし

FinalCut7の公式サポートはLion(10.7)までですが、非公式ながらもEl Capitan(10.11)までは普通に使えている模様。

私の環境でもEl Capitan(10.11)で とりあえず普通に動いていはいますが、細かい部分までの検証はできていません。

過去バージョンのOSの入手に関して

以下は Macユーザであれば「知ってて当然」のお話かと思いますが、私のような普段はWindowsユーザな方のために 過去バージョンのMac OSを入手する際の初歩的な知識を以下にメモしておきます。

Mountain Lion(10.8)以前のバージョン

Lion(10.7)、Mountain Lion(10.8) に関しては、有料にて入手が可能です(2020.02現在)。

それ以前のバージョンに関しては、残念ながら公式なルートでの入手はできません。

管理人より
どうしても必要という方は、秋葉原あたりの中古パーツ屋さんなどを地道に回ってみるのも手かもしれません。

Lion(10.7)/Mountain Lion(10.8)

Lion(10.7)とMountain Lion(10.8)の入手に関しては電話にて問い合わせ(0120-993-993)が必要です。

ソフトウェアのダウンロード販売 – ショッピングのサポート

Apple Storeでお買い物いただき、ありがとうございます。Apple製品へのご愛顧に心より感謝いたします。お客様がApple製品について詳しく調べたり、検討したり、購入したりされる際に、オンラインのApple Store、直営店のApple …

Mavericks(10.9)以降のバージョン

Mavericks(10.9)以降 MacOSの最新バージョンは無料で入手できるようになりました。

そのため、Mavericks(10.9)以降は古いバージョンもいつでも入手できるようになっているもの・・・と思いがちなのですが、そうではありません。

新バージョンが出た後は、基本的に、旧バージョンは入手できなくなります。

例えば 2016年6月現在、MacOS最新版は「El Capitan (10.11)」ですが、過去バージョンとなる「Yosemite(10.10)」や「Mavericks(10.9)」は入手することができません。

ただし、以下の場合に限って 旧バージョンの入手が可能になります。

  • 購入したMac機にあらかじめ当該の旧バージョンがインストールされていたユーザ
  • 過去にMac App Storeで当該の旧バージョンをダウンロードしたことがあるユーザ

(2)の方法を使えば旧バージョンの入手はできるわけですから、MacOSの新バージョンが出た際は、使う予定がなくてもとりあえずダウンロードしておくと、将来的に役に立ってくれるかもしれません。

まとめ

というわけで、歴代MAS OSのバージョン名とコードネームの対応表と旧バージョンの入手法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。