【EDIUS】映像クリップの透明度を数値入力で調整する方法

こんにちは、管理人の高田です。

EDIUSで、クリップの透明度を調整するには2通りの方法があります。※ver6.5

  1. マウスで直接ラバーバンドをいじる方法
  2. 数値入力する方法

1:マウスで直接ラバーバンドをいじる

すばやく、かつ直感的に調整したいのであればこちらのやり方。

まずはビデオトラックの▼マークをクリックして、透明度の調整用の線(ラバーバンド)を出します

Shift + Altを押しながら、マウスで上記(2)の線部分を上下させると透明度が変化します。

ただし、この方法では微調整はききません。

2:数値を直接入力する方法

透明度の線(ラバーバンド)部分を右クリックし「すべて移動」。

ラバーバンド・ウィンドウが開くので、数値を入力します。

以上で、終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。