【AftreEffects】元素材を「オリジナルを編集」で開くと意図せぬバージョンで起動してしまう時の対処法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

AfterEffectsではコンポ内のフォトショップデータ(psd)やイラレデータ(ai)の 元素材を立ち上げるための機能として「オリジナルを編集(ctrl+E)」という項目があります。

これは便利なので頻度も高い機能なのですが、先日バージョンをcc2014にしてから動作がおかしくなりました。

希望のバージョンで開けない!

私の環境では、現在メインで使用している「cc2014」と共に、これまで使用していた「cs4」バージョンもPC内に同居させているのですが、Illustratorデータを「オリジナルを編集(ctrl+E)」でたちあげると、本来開きたい「cc2014」ではなく「cs4」の方が立ち上がってしまうのです。

あれこれ設定を探ってみましたが、解決方法はとんでもなく初歩的なものでした。

あらためて元素材のアイコンを見てみると、そもそも元素材のイラレ(ai)データのアイコンが既に「cs4」のものになっています。

ae_origin_001

対象ファイルを「右クリック>プロパティ」を選択。

ae_origin_002

「全般」タブの「ファイルの種類:プログラム」部分の「変更」ボタンをクリック。

ae_origin_003

「ファイルを開くプログラムの選択」ウィンドウが開くので、開きたいバージョン(私の場合はcc2014)を選択します。

ae_origin_004

以上で、終了です。

元素材をはじめ、PC内の「.ai」データがすべてcc2014のイラレのアイコンに変わります。

ae_origin_005

これで再びAfterEffectsに戻り「オリジナルを編集」で開くと、cc2014でイラレが開くようになります。

まとめ

というわけで、AftreEffectsで 元素材を「オリジナルを編集」で開くと意図せぬバージョンで起動してしまう時の対処法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。