【AftreEffects】付属アプリ「CINEMA 4D Lite」を日本語表示にする方法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

AftreEffects CCにバンドルされている「CINEMA 4D Lite」は、デフォルトでは英語表示になっていますが、日本語表示にすることもできます。備忘録としてココにその方法をメモしておきます。

cinema4d_011

具体的な日本語化の手順

AfterEffectsの「ファイル > 新規 > MAXON CINEMA4D ファイル」を選択し「CINEMA 4D Lite」を起動します。

cinema4d_001

「CINEMA 4D Lite」が起動したら、メニューの「Help」から「Check for Updates…」を選択。

cinema4d_002

Updaterウィンドウが開くので「Japanese Language Pack」「Release 16 – Japanese Quickstart」を選択します。

管理人より
私の環境では「Optional」タブでしたが「Updates」タブの場合もあるようです。
cinema4d_003

契約画面になりますので「Please choose your language」部分で日本語を選択し、「I have read and accepted the license」部分にチェックを入れて「Install >>」ボタンを押します。

cinema4d_0031

以下の画面が出たら再度「Install >>」ボタンを押します。

cinema4d_004

するとインストール作業が開始されます。

数分程度でインストールは完了しますので、以下のウィンドウが出たら「はい」を選びます。

cinema4d_005

「Restart」ボタンを押すとCINEMA 4D LITEが再起動します。

cinema4d_006

無事に日本語化できました!!

cinema4d_007

日本語化できない場合は?

再起動しても英語表記のままの場合は、以下の設定を試してください。

メニューの「Edit > Preferences」を選択。

cinema4d_008

Preferencesウィンドウが開いたら、Interfaceタブの「Language」でJapanese(jp)を選択します。

cinema4d_009

以下のウィンドウが出たら「OK」を押し、CINEMA4D Liteを再起動します。

cinema4d_010

以上で日本語化できているはずです。

まとめ

というわけで、「AftreEffects」に付属する3Dアプリ「CINEMA 4D Lite」を日本語表示にする方法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。