VLCメディアプレーヤーの画面サイズを任意の大きさに調整する方法

無料ながら高機能なメディアプレーヤーの「VLC」。

Official download of VLC media player, the best Open Source player – VideoLAN

Official download of VLC media player, the best Open Source player

ProRes動画やXDCAMHD422(MXF)素材も再生できるので便利に使わせてもらっていたのですが、一点だけ不満点がありました、

動画再生時のデフォルトのウィンドウサイズがデカすぎる…

その都度、手動で画面サイズを調整するのですが、起動するたびに再び大画面に戻ってしまいます。

そこで、VLCメディアプレーヤーを、任意のサイズで起動させる方法を調べてみましたので、備忘録としてここにメモしておきます。

設定方法

VLCメディアプレーヤーを起動したら「ツール > 設定」をクリック。

「インターフェース」タブで、「ビデオのサイズにインターフェースをリサイズ」のチェックを外します。

この状態で「保存ボタン」を押してから、一度VLCを閉じます。

もう一度、VLCメディアプレーヤーを起動します。※この時点ではまだサイズは調整されていません。

ここで、自分の好きなサイズにウィンドウを調整します。

以後、前回終了時点の画面サイズで開くようになります。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:ミモリ

「映像知識のメモ帳」を運営しているミモリです。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。