新宿スバルビル 在りし日の様子を撮影してきました

去る 7月21日(土)23時をもって、新宿スバルビルが閉鎖になりました。

ビルの再開発に伴う措置で、8月から解体工事が始まる模様です。

スバルビル、8月から地上部分「解体」へ 「新宿の目」の今後は未定

東京・新宿駅西口のスバルビルの一部が2018年8月以降、解体する。ツイッターなどインターネット上では、同ビル地下のアート作品「新宿の目」もなくなるのでないかと心配の声が上がっている。新宿の「名所」は残るのか、それとも――。J-CASTニュース編集部では、ビルを所有する小田急電鉄に直撃取材した。

スバル ビルというと、一般的には地下の「新宿の目」のパブリックアートで有名ですが、映画・ドラマの撮影スタッフにとっては、かつて新宿出発の場合の集合場所としてお馴染みだったところ。 ※現在では 集合場所は別の場所に移動になっているようですね。

今から20年ほど前、映画の制作進行として映像業界に足を踏み入れた私にとっては、思い出の場所でもあります。

閉鎖を翌日に控えた7月20日(金)、久しぶりにスバル前に行ってみることにしました。

7月20日(金)閉鎖前日

新宿駅西口地下からの眺め。

新宿駅側から 地上に出るためには、こちらの階段を利用するのが一般的でした。

閉鎖を明日に控えて、営業中のテナントはマクドナルドのみ。

階段を昇ると…

こんな風景が広がっています。

小田急ハルク側に出る階段。

旧・第一勧銀側に出る階段。

かつて朝の6~8時くらいの時間帯は、この場所が撮影スタッフでいっぱいになりました。

お馴染みの看板も見納めです。

ちなみに、制作部用の車を運転することが多かった私は、新宿駅側からの眺めよりも、こちら側(都庁側)から見たスバルビルの方が 馴染みがあります。

追記:7月22日(日)

閉鎖の翌日、7月22日(日)にもスバルビルを訪れてみましたが、既に入口は全て閉鎖されていました。

「スバルビル」の看板もテープで隠されてしまいました。

こちらも閉鎖。

さようなら、スバルビル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:ミモリ

「映像知識のメモ帳」を運営しているミモリです。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。