【Photoshop】文字を打つと出てくる異体字の一覧パネル画面を非表示にする方法




この記事では Photoshop(フォトショップ)で文字を打つ度に出てくる "激しくウザい" あのパネルウィンドウを非表示にする方法を紹介しています。

はじめに

どのバージョンからだったか忘れてしまいましたが、Photoshopでテキストを入力すると、異体字の変換例が一覧表示される?以下のようなウィンドウが出現するようになりました。

この機能は、一般に「字形パネル」とか「テキストレイヤーの字形切り替え」と呼ばれているものです。

Photoshop の字形パネル

Adobe Photoshop で、字形パネルを使用して句読点、上付き文字、下付き文字、通貨記号、数字、特殊記号をテキストに挿入する方法を学習します。

入力したテキストに対して、異体時の変換例を一覧表示してくれるので、便利に使っている方も多いのでしょうが、正直 私にとっては 全く利用価値が無い機能。

しかも 使う機会が無いだけならいいのですが、文字を打つ度に ひょっこりと現れ、なかなか消えてくれないので ウザさが半端ない!

非表示にする方法

「テキストレイヤーの字形切り替え」を非表示にする方法は↓こちら。

画面上部のメニューより「編集 > 環境設定 > テキスト」をクリック。

「環境設定」ウィンドウの「テキスト」タブが開いたら「テキストレイヤーの字形切り替えを有効にする」のチェックを外し「OK」をクリックします。

以上で終了です。

Photoshopを再起動すると、次回からは「テキストレイヤーの字形切り替え」は表示されなくなります。

まとめ

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめです。

アプリの使用方法などが学べる動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が "学割価格" で利用できてしまいます。※商用利用可能で社会人・主婦の方でも登録できます

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:ミモリ

「映像知識のメモ帳」を運営しているミモリです。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。