【Media Encoder】cc2017起動時に「製品の有効期限が切れました」エラーが出た場合の対処法

Media Encoderは、cc2019以降のバージョンで QuickTime形式で書き出せるコーデックの種類を大幅に減らしました。

このため、レギュラーで頂いているお仕事の関係で、毎月「QuickTime形式のh264動画」を書き出さなければいけない私は、このエンコード作業のためだけに「Media Encoder cc2017」を温存し続けています。

で、本日、1ヵ月ぶりに「cc2017」版の Media Encoderを立ち上げようとしたところ、以下のエラーが出て起動できなくなってしまいました。

Adobe Media Encoder CCをご利用いただき、ありがとうございます。この製品の有効期限が切れました。引き続き Media Encoderをご利用いただくには、Creative Cloudサブスクリプションをご購入ください

同じPC内に 併存させている「cc2019」や「cc2020」のMedia Encodeは起動できるのですが、cc2017版だけ 件のエラーがでてしまいます。

Creative Cloudのサブスクは継続中のため「有効期限切れ」ではありません。 一応、念のために Creative Cloudアプリで、ログインし直してみましたが 改善せず。

さらにさらに念のため、WEBのAdobe公式サイトにて、ログインし直してみましたが 改善せず。

対処法

と、ここで思い当たったのが「Media Encoderは単体ではインストールできない」という点。

すっかり忘れてしまっていましたが、PC内には「cc2017」版のPremiereも存在しておりました。で、Premiere cc2017を起動してみたところ、サインインを促すウィンドウが!

こちらのウィンドウで「ログイン」してから、「Media Encoder cc2017」版を起動してみると…

無事に起動できました! cc2017以前と、それ以降では 認証の仕組みが違っているようで、これが今回のエラーの原因だった模様です。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

【キャンペーン情報】現在「Adobeオンライントレーニング通信講座」が最大49.6%OFF価格で受講できるキャンペーン開催中!2021年6月30日(水)までの期間限定なのでお早めに!

  • 特別価格:39,980円(通常:78,800円 ほか)
  • 期間:2021年4月9日(金)~ 2021年6月30日(水)まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:管理人

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。