【Illustrator】ビデオセーフエリアのガイド表示を消す方法

こんにちは、管理人の高田です。

この記事では、Adobe Illustrator(イラストレーター)でビデオ系テンプレートを使用する際に表示される、ビデオセーフエリアのガイド線を非表示にする方法を紹介しています。

解消したい問題点

Aodobe Illustrator(イラストレーター)で、動画用に新規ファイルを作成する場合のこと。

「新規ドキュメント」で「ビデオとフィルム」を選択し、自分の目的に合ったプリセットサイズを指定すると・・・

こんな感じで、ガイド線付きのアートボードが作成されます。

で、問題は↓このセーフマーカー部分。※透過状態を表すチェック柄は「表示 > 透明グリッドを隠す」でオフにしています

動画制作でいうところの「アクションセーフ」「タイトルセーフ」をガイド表示している(らしい)線ですね。

以前にも書きましたが、この枠(アクション:90%/タイトル:80%)は、現在ほぼ使われないタイプのガイド線です。

【無料配布】TVセーフエリアのガイド線を自動作成するPhotoshopアクション

2016/12/21

このため、このセーフガイドを非表示にしたいのですが、メニューの「表示」項目にはそれらしき選択肢がありません。これを非常時にするにはどうすればよいでしょうか?

セーフエリアを非表示にする方法

このセーフエリア表示をオフにするには以下のように設定を行います。

ツールから「アートボードツール」を選択。

画面上部の「アートボードオプション」をクリック。

「アートボードオプション」ウィンドウが開いたら、「表示」部分の「ビデオセーフエリアを表示」のチェックを外します。

以上でセーフエリアのガイド表示は消えます。

管理人より
ちなみに、アートボード脇の数値(定規)に関しては、メニューの「表示 > アートボード定規を隠す」でON/OFF可能です。

まとめ

というわけで、Illustrator(イラストレーター)でビデオセーフエリアのガイド表示を消す方法の紹介でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。