【AfeterEffects】既存アニメーションの速度を変えずに尺を変更する方法

こんにちは、管理人の高田です。

例えば、あるオブジェクトに関して1秒目~3秒目で1回転するようなアニメーションをつけていたとします。

ところが、後から修正が発生して「回転の速度はそのままで3秒目以降もアニメーションを継続させ、4秒目で停止させたい」という事態になった場合どうすればよいでしょうか?

「エクスプレッション」でループさせる

まあ、簡単な対処法としては、計算をして「2秒間で1回転(360°)だから、1秒追加なら180°プラス」とかやればいいわけですが、時にはこれほど単純な数式で導き出せない場合もありますよね?

ループのエクスプレッションを利用すると比較的簡単に、アニメーションの継続(ループ)を作ることができます。

色々と応用も利くのでこれは覚えておくと便利です。

具体的な設定の方法

全体の流れとしては、まずエクスプレッションを利用して 最後に打ったキーフレーム(この場合は3秒目のキーフレーム)以降も、アニメーションが継続するように設定します。 

その後で、タイムリマップを利用して4秒目に停止するようにしてあげます。

アニメーションを継続させる

キーボードの「Alt」を押したまま、「回転」部分のストップウォッチマークをクリックします。

すると、エクスプレッションの記述ができるようになります。

「transform.rotation」という文字が記述されていると思いますが、これを消して loopOut(type = “continue”)を記述します。

loopOut(type = “continue”)

すると、最後に打ったキーフレーム(3秒目)以降も同じ速度でアニメーションが継続するようになります。

管理人より
ちなみに loopIn(type = “continue”) と記述すると、最初のキーフレーム以前がアニメーションします。

4秒目で停止させる

このままだと、4秒目以降もループしてアニメーションしていますので、4秒目に停止するような設定をしてあげます。

いくつか方法はあると思いますが、私の場合は、上記を一旦プリコンポして・・・

タイムリマップ(レイヤー > 時間 > タイムリマップ使用可能)で、4秒目(停止させたいフレーム)にキーフレームをうち、そこで停止するようにしています。

あまり利口なやり方ではなさそうですが・・・

まとめ

というわけで、「AfeterEffects」で既存アニメーションの速度を変えずに尺を変更する方法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。