Windows環境でProRes(プロレズ)が書き出せるエンコーダのまとめ

Appleが開発した「ProRes(プロレズ)」は、外部とのデータ交換の際に利用される動画コーデックとして、ほぼデファクトスタンダードになっているといってよいかと思います。

正直、圧縮効率やレンダリング耐性だけをみれば、他のコーデックが特別劣っているわけでもないのですが、なにより「普及率」の点で並ぶものが無く、互いの環境を考慮せずとも「とりあえずProResで!」と言えてしまう安心感は最大の強みだと思います。

ただしこの「ProRes(プロレズ)」Windows環境からは「書き出し」出来ないのが長年のネックでした(読み込みは可能)。

普段の編集にEDIUSを使用しているわたしはProRes(プロレズ)に変換する「エンコード用途」のためだけにMAC機を所有しています。

そんな「ProRes(プロレズ)」ですが、チラホラと、Windows環境からもProResの書き出しが可能なエンコーダが出てきました。以前から「FFMPEG」を利用する裏技的な方法は知られていましたが、最近では「SCRATCH」のようにappleが正規にライセンスしたものも出ています。

この記事では、正規ライセンスかそうでないかを問わずに、現状でそれらWindows環境からProResの書き出しが可能なエンコーダをまとめてみました。

※当ブログでは各エンコーダの検証などは行っておりません。実際の利用に関しては各自の判断と責任で行ってください。

※ちなみにAppleが正規にライセンスしている製品は以下のページにまとめられています。

SCRATCH(ASSIMILATE)

こちらはappleの正規ライセンス。日本では「計測技術研究所」さんが正規代理店になっているようです。

http://www.keisoku.co.jp/vw/products/software/scratch.html

LRTimelapse

タイムラプス用ソフトにProRes書き出し機能があるそうです。

http://lrtimelapse.com/

Bigasoft

http://www.bigasoft.com/prores-converter.html

ProResコーデックコンポーネント(miraizon)

http://www.miraizon.com/jp/
http://www.miraizon.com/jp/products/codecsoverview.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です