PSD レイヤーの画がドキュメントに表示されない場合に疑うべきポイント

先日関わったある仕事で、クライアントから頂いたPSDファイルの一部レイヤーの画が表示されないという症状に出くわしました。

レイヤーの不透明度は「100%」になっており、またレイヤーパネル上のサムネールにキチンと画が表示されているのに、なぜかドキュメントには表示されません。

psd_001

何らかのバグかと思い、何度かPhotoshopとPCの再起動をしてみましたが、ダメ。
他のレイヤーは大丈夫なのですが、上図の上から2番目のレイヤー(In)だけがなにをどうしても表示されないのです。

データエラーを疑って、もう一度先方にファイルを送りなおしてもらおうかと考えていたときに、偶然、原因が判明しました。

それが結構、意外な理由でしたので情報の共有を目的に、備忘録としてココにメモしておきます。

原因は「タイムライン」機能

まず 結論から書きますと、今回の原因はPhotoshopの「タイムライン機能」にありました。

いつの頃からか定かではありませんが、Photoshopに時間の概念が導入されました。
要するに 簡易的な動画編集ができるようになったわけです。

私もそういう機能が備わっていることは知っていたのですが、そもそも動画をいじるのであればAfterEffectsやPremiereを使えばいいわけで、その機能を使用したことはありませんでした。

ところが今回のクライアントの方は、その機能を使ってファイルを作成されていたわけです。

タイムラインが設定されたPhotoshopファイルは、見た目は普通のPSDファイルなのですが、内部的には時間軸の情報を内包しています。

それを可視化してあげることで、今回のエラーの原因が特定できました。

原因を可視化する

まず、画面上部のメニューから「ウィンドウ>ワークスペース」で「モーション」を選択します。

psd_006

すると、ドキュメント下部に、「タイムライン」というウィンドウが表示されると思います。
以下は、今回の問題のファイルのタイムラインの様子です。

psd_005

AfterEffectsやPremiereをお使いの方であれば、「あ~そういうことか~」と理解していただけると思います。

実はこのファイルの上2つのレイヤー(OutとIn)には、時間の経過と共にオーバーラップして表示、非表示が入れ替わるような編集が施されていたわけです。

レイヤーの不透明度が時間に合わせて変化するようにしてあったんですね。

このため、時間インジケータがド頭にある場合(ファイルを開いただけの状態)だと「In」レイヤーが非表示になっていたわけです。 

クライアントの方がなぜこのような設定をしたのかは不明ですが(おそらくご自身の環境から別途動画で書き出す用件があったのでしょう)、とにかく原因がわかって一安心。

タイムラインの解除方法

タイムライン解除の方法は以下の通りです。

タイムラインウィンドウ右上のアイコンをクリックし・・・

psd_003

「タイムラインを削除」を選択します。

psd_004

以上で、タイムラインは削除され、通常のPhotoshopファイルとして利用が可能になります。

タイムラインの解除後の注意点

タイムライン削除後、削除前の設定によって「レイヤー」や「フォルダ」の不透明度が0になってしまうので注意しましょう。

その場合は手動で「不透明度を100%」に戻してあげる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です