【レビュー】SONYのXDCAMドライブ「PDW-U2」を触ってみた

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

SONYからXDCAMドライブ「PDW-U2」のデモ機を借りることができましたのでなんやかんやをメモ書き。

created by Rinker
(c)セットアイテム
¥459,990 (2020/07/14 05:32:38時点 Amazon調べ-詳細)
注意

あくまで走り書き程度の内容なので、事実誤認などあるかもしれません。なので、以下の内容に関しては自己責任でご覧ください。

デモ機にドライバCDが付属していない

そもそもPDW-U2をPCに認識させるためには、専用のドライバが必要になるわけですが、本来、同梱されているはずのドライバCDがない!

「デモ機の付属品確認表」にも”ドライバCD”とは書いていないので「ネットから最新版をダウンロードしてね。」ということらしい。

デバイスドライバである「XDCAM Drive Software」と、データを扱うためのアプリ「XDCAM Browser」の2つが必要

管理人より
【追記】その後XDCAM BrowserはContent Browserに名称を変更しました
  • XDCAM Drive Software※ダウンロードには機器に記載されているのシリアル番号が必要
  • Content Browser(確認用)※上記は無償版のver1.1へのリンク

EDIUS6 海外版にて読み/書きが可能

今回、読み書きに使用してみたのは「EDIUS6(海外版)」。

海外版のEDIUS6に関しては「MXF形式に対応」しているとのことだったのですが、事前情報では「出力」にも対応しているものかどうかが、イマイチ判然としませんでした。

そこで、そのへんを検証。

読み込み

読み込みに関しては、まず一旦プロフェッショナルディスクから、内臓のHDDにデータをコピー(※XDCAM Browserを使用)した。PDW-U2はUSB3.0対応なので、速度を測ってみたところ以下のような結果に。

  • 「USB 2.0」接続時:約15分
  • 「USB 3.0」接続時:約10分

※素材:60分の1クリップ|XDCAM HD|約20Gb

編集ソフトへの取り込み

XDCAM Browserをたちあげて、データ(MXF)を、EDIUSのビンに直接ドラッグ&ドロップ。

これで読み込みは完了。※「ソースブラウザ」から取り込む方法もあるようですが、そちらはなじみがないので今回はパス。

書き出し(プロフェッショナルディスクへ)

さて、EDIUSからプロフェッショナルディスク(PDW-U2)へは書き出しが出来るのか?

そもそも、海外版EDIUS6はMXFへの出力に関しては、オプション扱いになっていてできない仕様だったはず・・・

が、意外にも普通にできました(XDCAM HD422/50Mbps)。

書き出したデータを、XDCAM Browserで読み込むと、通常のデータと同様に認識されています。

タイムラインのTCもそのまま引き継がれるようです。

まとめ

というわけで、SONYのXDCAMドライブ「PDW-U2」を触ってみた感想でした。

created by Rinker
(c)セットアイテム
¥459,990 (2020/07/14 05:32:38時点 Amazon調べ-詳細)
2016年3月追記

その後、PDW-U2を導入し問題なく運用が出来ています。

EDIUS以外の編集ソフトからの書き出し方法について知りたい方は「各社の編集ソフトからPDW-U2に動画を書き出す方法」の記事を参考にしてください。

【PDW-U2】映像編集アプリからプロフェッショナルメディアに動画を書き出す方法

2016/03/30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。