AfterEffectsでタイムラインの音声をスクラブ再生させる方法

一般的なノンリニア編集ソフトの場合、タイムライン上で「時間インジケータ(現在再生位置を示す線)」を移動させると、それに伴って音声も再生されるようになっています。これを一般的に「スクラブ再生」と呼びます。

コンポ上でスクラブ再生を行う

ただし、AfterEffectsでは単純にタイムライン(コンポ)上でインジケータを動かしても音声は再生されません。
AfterEffectsでこの「スクラブ再生」を行う場合は、以下のようにします。

ctrlキーを押しながら インジケータを動かす
aftereffect_sound01

ちなみに「ctrl + 矢印キー(右・左)」で、インジケータを1フレームづつ動かすことができますが、残念ながらこの場合は、スクライブ再生はできません。

そのほかのAE音声関係メモ

そのほか、音声関係で便利なショートカットをメモしておきます。

レイヤーを選択した状態でLキーを2回押す=波形表示(ウェーブフォーム)
aftereffect_sound02

ちなみに、Lキーを1回だけの場合はオーディオレベル(音量)の調整ができます。波形が小さくて見づらい場合などは、オーディオレベルの数値を上げると波形の大きさも変化するので、うまく活用しましょう。

テンキーの「.」で音声のみ再生(※Alt+.でワークエリア内音声再生)
aftereffect_sound03

ただし、映像は止まったままで同期しませんのであくまで音声チェック用途にしか使えません。
また「.」はテンキー部分のものになりますので注意(ショートカットがデフォルトの場合)。通常キーボードのピリオド「.」は「コンポジションウィンドウのズーム」のショートカットが割り当てられています(ズームアウトは「,」)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です