【AfterEffects】コンポジションの表示形式を「タイムコード」ベースに変える方法

こんにちは、管理人の高田です。

別の方からAfterEffectsのプロジェクトを受け取ったのですが、内容を確認していたところ、コンポジションの時間表示が[0001]のようにフレーム形式の表示になっていました。

で、これを「タイムコード」ベースに変えようと思ったのですが、それらしい設定項目がなかなか見つからない・・・

ヘルプで調べてようやく変更できましたので、ここにメモ。

管理人より
【追記】この記事を書いた当時のAfterEffectsでは「タイムコード」「フレーム」いずれかしか表示されませんでしたが、現在は(小さくですが)両方表示されるようになっています。

【方法1】コンポジションで変更する

タイムラインパネルの上部にある現在の時間表示部分を、Ctrl キーを押しながらクリックします(Windows)。※MACの場合はCommand キーを押しながらクリック

「タイムコードベース」、「フレーム(フィート + フレーム)」の順番で切り替わります。

【方法2】メニューから変更する

メニューの「ファイル > プロジェクト設定」を開き・・・

「時間の表示形式」タブで「タイムコード」にチェックを入れます。

「DF/NDF」「開始TC」はコンポジション設定で変更

ちなみに、コンポジションの「ドロップ/ノンドロップ フレーム」や「開始タイムコード」の調整は「コンポジション設定」で行います。

まとめ

というわけで、AfterEffectsでコンポジションの表示形式を「タイムコード」ベースに変える方法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。