“Error at loading of ippSP libraly” ソフト起動時に警告が出た際の対処法

AdobeがProResに変わる中間コーデックとして推奨している「GoPro CineForm」(参考:QuickTime Windows版のサポート終了について(Adobe公式))。

Adobe製ソフトにはデフォルトで対応しているらしく 特になにもしなくても「読み/書き」が可能です。

ただしEDIUS(ver6.08)では、そのままでは読みこみができませんので、当該コーデックのインストールが必要です。

現状、無料配布されている「GoProStuido」をインストールすると、コーデックも同時にインストールされるとのことなので、早速「GoProStuidoをインストールしてみることにしました。

インストール後に不具合が発生

しかし、いざ「GoProStuido」をインストールして、EDIUSを起動しようとしたところ、以下のようなエラーが。

error_gopro1

「Error at loading of ippSP libraly/No DLLs were found in the Waterfall procedure」

起動の途中で以上のようなウィンドウが出てEDIUSが強制終了してしまいます。

何度やり直しても同じ状態で、ネットで色々調べたところ、「GoProStuido」インストール時のバグであることが判明しました。

対処方法

まずは 以下のフォルダを開きます

・64bitOSの場合:「C:\Windows\SysWOW64」

・32bitOSの場合:「C:\Windows\System32」

フォルダを開いたら、以下のファイルを削除します(※念のため当該ファイルのバックアップはとっておきましょう)。

・ippcore-6.1
・ippj-6.1
・ippjw7-6.1
・IPPS-6.1
・ippvc-6.1
error_gopro2

以上で、EDIUSは普通に起動できるようになります。
GoPro CineFormコーデックの検証は後日また別記事にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です