【対応表アリ】「USB 3.x」規格の呼び名と仕様に関するまとめ

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

この記事では、複雑で わかりにくくなってしまった「USB3.x」系規格の呼び名と仕様をまとめています。

「USB 3.x」呼び名のまとめ

「USB」は我々にとってお馴染みの通信規格のひとつですが、その第3世代(USB 3.x 系)は、新しい規格が出るたびに、ややこしい名称変更を重ねてきました。

現在までに大きく2度(2013年・2019年)の変更が行われており、その都度、最悪ともいえるネーミングセンスで呼称を改変し、ユーザーを混乱させています。

呼び名の対応表

例えば、一般的に「USB 3.0」として知られる転送速度:5Gb/sの規格は、2020年現在、正式には「USB 3.2 Gen1」と呼ぶことになっています。

しかし、上図を見ればわかるように、ちょっと前までは「USB 3.1 Gen1」という名前でもあったわけです。

「USB 3.0」「USB 3.1 Gen1」「USB 3.2 Gen1」・・・これらが 同じものを指していることは、名称変更の歴史を知らないと(いや、知っていても)容易には理解できません。

一応、さらに 上位規格の「USB4(転送速度:最大40Gb/s)」が登場することが決定しているため、これ以上「USB 3.x」系が名称変更することはない、とは思いますが・・・

管理人より
ちなみに、あくまで変わったのは規格の「呼び名」であり、転送速度などの仕様は従来のままです。
歴史的な呼称の変遷

おまけとして、歴史的な経緯も書いておきます。

  • 2008年:「USB 3.0(転送速度:5Gb/s)」発表。
  • 2013年:新規格「USB 3.1(転送速度:10Gb/s)」発表。これにともない、従来の「USB 3.0」も含めた3.x系全体の名称を「USB3.1 Gen x」と呼称することになった。【1度目の名称変更】
  • 2017年:新規格「USB 3.2(転送速度:20Gb/s)」発表。
  • 2019年:2月25~28日に開かれた「Mobile World Congress 2019」で、従来の「USB 3.0(USB3.1 Gen1)」と、「USB 3.1(USB3.1 Gen2)」も含めた、3.x系全体の名称を「USB 3.2 Gen x」に変更することになった。【2度目の名称変更】

「USB 3.x」スペック表示の実情

今後は「USB 3.2 Gen〇」が一般化するものと思われますが、現時点(2020年)では、過渡期のため旧表記も混在しているので注意が必要です。

私が、街の量販店などで確認する限り、HDDケースなどのUSB対応機器のスペック表示では、メーカーごとに新旧の呼称が混在していました。

「USB 3.2 = 転送速度:20Gb/s」とは限らない!

例えば、HDDケースなどのパッケージに「USB 3.2 対応!」などと記載されている場合には注意が必要です。

「USB 3.2」でも「USB 3.2 Gen1」であれば、従来のUSB3.0と同じものになります(転送速度:5Gb/s )。

USB対応機器を購入する場合は、パッケージに記載されている規格が「一般的な呼称」なのか「2019年以降の呼称」なのかを見極める必要があります。

管理人より
今後は 表記が統一されていくものと思われますが、現状は過渡期のため、買い物時には注意が必要です。

まとめ

というわけで、「USB3.x」規格の呼び名と仕様をまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:管理人

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。