【Premiere】カラーバー&トーンの1KHzを-20dbにする方法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

Premiereでは、カラーバー表示時の1KHzトーンは-12dbがデフォルトになっています。

これを-20dbに変更する方法を調べましたので、以下にメモしておきます(※バージョンはcc2017です)。

はじめに

Premiere Pro には「ARIB STD-B28 基準に準拠する HD カラーバー(いわゆるマルチフォーマット・カラーバー)」が搭載されています。

・ARIB STD-B28:マルチフォーマット・カラーバー
https://webstore.arib.or.jp/jp/products/detail.php?product_id=382

カラーバーの音声トラックには1Khzのトーンが入っていますが、Premiereの場合 そのデフォルト値は「-12db」固定になっており、この初期設定を変更することはできません。

これを「-20db」にする場合は 以下のような手順を踏む必要があります。

  1. 初期設定のまま「-12db」の「カラーバー&トーン」を作成する
  2. できたクリップを後から「-20db」に変更する

以下で具体的に流れをみていきましょう。

具体的な流れ

「プロジェクト」ウィンドウ下の新規作成アイコンをクリックし「HD カラーバー&トーン」を選択する。

「HD カラーバー&トーン」ウィンドウが開いたら 項目を確認して「OK」を押す。

ここまでは通常の「HD カラーバー&トーン」作成の方法です。

このままでは「-12db」のままですので、続けて以下の設定を行います。

「プロジェクト」ウィンドウ上で、今 作成した「HD カラーバー&トーン」のアイコンをダブルクリックします。

すると、以下のように「トーン設定」ウィンドウが開きます。

あとは「一定のトーン」にチェックを入れ、「振幅:-20db」に設定して「OK」ボタンを押します。

以上の設定を行ったうえで、「HD カラーバー&トーン」をタイムラインに配置します。

無事に「-20db」で再生されるか確認してみましょう。

以上で終了です。

上記作業は カラーバーのクリップをタイムラインに配置した後でも可能です。

しかし その場合は 各クリップを個別に設定していく必要があり、複数のシーケンスにカラーバーを配置していた場合は 作業が煩雑になります。

なので、タイムライン配置前に プロジェクトウィンドウ上で、設定を済ませておくことをおすすめします。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。