【AfterEffects】書き出した動画内の映像が数フレームだけループするバグの対処法

こんにちは、管理人の高田です(@eizo_memo)。

先日、AfterEffectsでちょっとしたバグに遭遇したので その対処方法をメモしておきます。

エラーの「症状」

口パクのアニメを作成していて、タイムライン(コンポ名:口パク)上に、各静止画を下記のように並べたとする。

「あき:10F」→「とじ:5F」→「半あき:5F」→「とじ:10F」

これが、書き出されたクリップ(CanopusHQ)では….

「あき:1F」→「とじ:1F」→「あき:1F」→「とじ:1F」→※以下ループ

上記のようになってしまう。 

因みに、AfterEffects内部のモニタではなんの問題もなく再生される。あくまで書き出したクリップ上での問題。

エラーの「原因」

原因は、ネストしたクリップのフレームレートの不整合と思われます。

ループエラーをおこしたコンポジションのフレームレートは以下のような構造になっていました。

  • 大親:書き出しコンポ(29.97fps)
  • 親:アニメ統合コンポ(15fps)
  • 子:口パクコンポ(29.97fps)

基本的にこのフレームレートの不整合がよくなかったみたいです。

エラーの「対処法」

まず、口パクコンポを15fpsに設定しなおす。 するとカット点が微妙にずれるので、これを修正していく。

管理人メモ
【追記】後日、各コンポのフレームレート不一致がない状態にも関わらず、同様のエラーが発生。キャッシュを消去するとエラーは解消されました。

まとめ

というわけで、AfterEffectsで 書き出した動画内の映像が数フレームだけループするバグの対処法でした。

Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

【キャンペーン情報】現在「Adobeオンライントレーニング通信講座」が最大49.6%OFF価格で受講できるキャンペーン開催中!2021年6月30日(水)までの期間限定なのでお早めに!

  • 特別価格:39,980円(通常:78,800円 ほか)
  • 期間:2021年4月9日(金)~ 2021年6月30日(水)まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です