【AfterEffects】パペットツールのピンの位置をエクスプレッションで同期させる

こんにちは、管理人の高田です。

「AfterEffects」パペットツールの挙動に関して、自分用にメモしておきます。

パペットツールで、ポイント(ピン)を打ち、それをアニメーションさせたとする。

このアニメーションしている「ポイント」の位置情報に、別のレイヤーを同期させるというのが、簡単そうでなかなか難しい。

参照する「座標」の違いを理解する

なぜこれが難しいかというと、パペットツールのピンが持っている位置情報はあくまで「そのレイヤーにおける位置情報」であり、参照する側がもとめているのは「そのレイヤーを含むコンポ上の位置情報」であるからだ。

AfterEffectsにおける位置情報(=座標)には、「レイヤー座標」「コンポ座標」2つの種類がある(参考:dA-tools.comさんの過去記事)。

つまり、あるプロパティの座標情報が(100,25)だとして、それがレイヤー上の(100,25)を意味するプロパティもあれば、コンポ上の(100,25)を意味すプロパティもあるということだ。

基本的にはレイヤーの「位置」プロパティは、コンポ座標を表示しており、パペットツールのピンの位置情報は、レイヤー座標を表示している。

ピンの位置を同期させるエクスプレッション

ピンの位置を同期させるには、以下のスクリプトを、参照させたいピンのエクスプレッションに書き込む。

gPoint=thisComp.layer("body").toComp(thisComp.layer("body").effect("パペット").arap.mesh("メッシュ 1").deform("パペットピン 1").position)
fromComp(gPoint)
Adobe製品の導入/更新を考えている方必見!

Adobe CreatveCloudの導入/更新を検討している方には、たのまなの「アドビオンライントレーニング通信講座」がおすすめ。

Adobeアプリの動画講座に加えて、CreatveCloud コンプリートプラン(全アプリが利用可能なプラン)が付属し、なんと"学割価格" で利用できてしまいます。

\ 主婦・社会人でも登録可!商業利用OK!/

※講座の内容を詳しく知りたい方はこちら

※私が 実際にトレーニング講座を受講した際の感想を記事にしていますので、興味がある方はそちらも合わせて読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「映像知識のメモ帳」管理人:高田

「映像知識のメモ帳」を運営している高田です。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。