XDCAM Drive Utility Softwareで”ディスク未挿入”が消えない場合の対処方法

ありがたいことに毎月レギュラーで頂いているお仕事があり、その際 素材の受け取りや納品にはXDCAMのプロフェッショナルディスクを使用しています。

ディスクからのインジェスト(キャプチャ)や書き出しには「PDW-U2」を使っているのですが、これまで3年ほど使用してきてこれまでほとんど不具合らしいものは発生したことがありませんでした。

ところが本日、いつものようにディスクをフォーマットしようと「XDCAM Drive Utility Software」を起動したのですが、どういうわけかディスクを挿入しても「ディスク未挿入」の表示が出たままになってしまいます。

xdcam1

上図のように、フォーマットの「開始」ボタンがグレーアウトしてしまっているので、フォーマットもできません。

ただし、この状態で、同じくSonyが提供しているクリップ管理アプリの「Content Browser」でディスクを確認してみると、こちらではキチンとディスクが認識されています。

xdcam2

なので接続の不具合ではなさそうだな・・・と見当をつけつつ以下のようなことを試してみましたが、まったく効果がありませんでした。

(1)アプリ(XDCAM Drive Utility Software)を再起動
(2)PDW-U2の電源を一旦切って再度起動
(3)ファームウェアのアップデート
(4)PCと接続しているUSB3.0ケーブルを抜き差し

しかし ちょっと不思議だったのは、(3)ファームウェアのアップデート時に「ディスクをイジェクトしてください」の警告が出たこと。

xdcam5

ってことは、ディスク認識できてるってことじゃん・・・という話なのですが、表示上は相変わらず「ディスク未挿入」状態です。

途方にくれながら、まさかこれじゃないよね?と思いつつ「表示>更新」を選択してみると・・・

xdcam4

なんと正常な表示になりました!

マウント状態が「正常マウント中」になり、フォーマットの「開始」ボタンも押せるようになりました。

xdcam3

どうやら、アプリ自体の表示状態が更新されていなかったことが原因だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です