XDCAM HD422の動画ファイルをAdobeMediaEncorderに読み込む方法

XDCAM HD422で収録されたデータを直接Adobeのメディアエンコーダに読み込む方法です。

特に難しい設定があるわけではありませんが、XDCAMは規格の仕様上ファイルデータが階層構造になっているため、動画の本体データを直感的に選択することができません。毎度迷わないように、備忘録としてここにメモしておきます。

まず、メディアエンコーダのキューにて「ソースを追加ボタン(+のアイコン)」をクリックし、対象ファイルの選択にすすみます。

adobe_mediaencorder_001

以下は、XDCAM HD422側のファイルの中身です。
「clip」「Edit」「Sub」といったフォルダと、「DISCMETA.XML」「MEDIAPRO.XML」といったファイルがあります。

adobe_mediaencorder_002

XDCAMは、AVCHDなどと同様に、複数のメタファイルなどをふくむ階層構造になっています。
この中から動画本体データを選べばよいわけです。

動画の本体データは「clip」フォルダの中にある「.MXF」拡張子のデータになります。

adobe_mediaencorder_003

上図では「C0001.MXF」がそれになります(C001の部分はファイルごとに異なります)。
なので、この「.MXF」ファイルを選択してあげると・・・

adobe_mediaencorder_004

無事にキューに読み込まれました。
あとは、通常通り変換作業を行なうだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です