WEB用動画を書き出す際の注意点!

WEB用に動画を書き出すことがあまりないので、たまに書き出しを頼まれるとしばらく悩んでしまいます。
なので、ここに備忘録として注意点をまとめておきます(※適宜書き加えていきます)。

1:タイトルセーフは、90~95%

後にDVDなどパッケージに展開される可能性もあるので、クライアント要確認ではありますが、WEB限定であれば、タイトルセーフは90~95%くらいにしておく。
放送用などの感覚で80%くらいにしていまうと、なんだかテロップが真ん中によっているような変なレイアウトになってしまう。

2:インタレースは解除しておく

インタレースはWEB動画では、ただの見苦しい「ノイズ」でしかないので。納品データはプログレッシブになるように作成する。
WEB限定と分かっていれば、撮影時からプログレッシブで統一するのがいいかも。これも、後の転用などとのからみがあるので、クライアント要確認。

3:最終的な書き出しサイズを打ち合わせしておく

撮影はHDでも、実際にはSDサイズで十分だったりするので、サイズに関しても確認しておく。
チェックポイントとして…

■形式………….wmv. mp4など
■画像サイズ………..1920×1080. 680×480. 864×480(SD 16:9) など
■ビットレート…..固定(CBR)か?、可変(VBR)か?、 何メガか? 
■音声のレート…..

大体、直接の担当者さんというのは技術には疎い人だったりするので、技術担当の人(要するにWEBにアップする人)と直接会話するか、逆に上記を自分で決めておいて「形式=●●、画像サイズ=●●、ビットレート=~で作成しますがよろしいですか?」と聴くのもいいかも。 また、30秒ほどの動画を確認用として、事前に見てもらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です