“職業としての映像”の新しい波

medium_3118408862photo credit: SPDP via photopin cc

ここでとりあげてみたいのは 既存の映像業界とはまったく異なる文脈(=ネット)で成立しつつある”職業としての映像”のあり方の話題です。

具体的には”Youtubeパートナープログラム“や”ニコニコ動画クリエイター奨励プログラム“といったネットにおける映像コンテンツの可能性に関して、自分自身の現状把握の整理と学習のメモ帳になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

映像制作のメモ帳:ミモリ

「映像知識のメモ帳」を運営しているミモリです。 編集業務をメインとしつつ、かれこれ15年以上も映像製作の仕事をしています。おかげさまで その間、放送系のお仕事から企業VPやアイドルイメージまで、幅広いジャンルのお仕事に携わらせていただきました。 これまでの仕事で学んだことを自分だけの知識にしておくのはもったいないと思い、情報の共有を目的としてこのブログを運営しています。 詳しいプロフィールとお問い合わせはこちら。