Optical Flareのトーンジャンプ(マッハバンド)を解消する方法

OpticalFlare(オプチカルフレア)のような光彩系プラグイン・エフェクトを用いて作成した映像では、しばしば微妙なグラデーションの部分にトーンジャンプ(マッハバンド)が発生してしまうことがあります(下の写真は輝度をあげてトーンジャンプを分かりやすくしたものです)。

kaityo001

光の周りにシマシマの等高線のようなもの(トーンジャンプ)ができてしまっていますね。

この記事では「AE 目黒区からの刺客」さんの記事(階調飛び対策)を参考に 対処方法をメモしておきます。

ビンウィンドウ下部の「8bpc」と書かれた部分をクリック。

jump_001

カラー設定の「色深度」で「16bit/チャンネル」を選びます。

jump_002

続いてシーケンスの最上位に「調整レイヤー」を置いて…

jump_003

エフェクトの「ノイズHLS」を適用します。

jump_004

以上でも トーンジャンプはだいぶ抑えられますが、まだ目立つ場合は「ノイズHLS」の明度を0.001%で適用すると良いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です