フィルムライト社「誰も教えてくれなかった〇〇セミナー」を受講しました

去る7月21日、フィルムライト株式会社さんが主催するセミナーを受講してきました。

フィルムライトは「Baselight」などのカラコレ・グレーディング系ソリューションでお馴染みの会社ですね。

FilmLight | 製品

Description – Filmlight LTD

場所は、中央区にあるテクノハウスさんのセミナールームです。

セミナーのタイトルは「誰も教えてくれなかった〇〇セミナー」。

この日の講義は、以下の全6項目。

  1. アナログからディジタル、ファイルベース
  2. 圧縮と非圧縮、コーデック
  3. RAW/Log の利点と欠点
  4. カラースペースと LUT・CDL
  5. 画質を高める 5要素と HDR/WCG
  6. カラーグレーディング入門

45分を1時限とし、朝10時から夕方5時半まで全6時限のロングセミナー(最後のカラーグレーディングだけ90分)。

各時限ごとに申込みが必要だったのですが、私同様に、全時限を受講する方がほとんど。

30名ほどが入るセミナールームは、朝から受講生で満員でした。

この日の講師は、フィルムライト株式会社の松井さん。

時折、競合製品をディスりつつも、ユーモアを交えながら、各項目を基礎から講義してくれました。

私自身は、普段の仕事で HDRやLogの素材を扱うことがほとんどありません。

ただ、技術動向として「知らないんですよ」で済ませるわけにも行かず、こうしたセミナーがあるのは本当に助かりますね。

受講生にはポスプロ、機材メーカーの関係者も多く、予想以上に濃い内容で大変勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です