EDIUS(ver6.08) QuickTime削除後の動作検証

Windows版QuickTimeのサポート終了に伴い、トレンドマイクロなどではQuickTimeの削除(アンインストール)を呼びかけています。

しかし、動画編集ソフトを利用している場合、QuickTime削除後の挙動がどうなるのか不安なため、削除するのをためらっている方も多いのではないでしょうか?

私の環境(windows7/64bit)においてQuickTime削除後の各種映像系ソフトの挙動を検証してみましたので、情報の共有を目的として ここで紹介しようと思います。

現在 私が使用している以下のアプリケーションに関して検証を行いました。

この記事では EDIUS(ver6.08)の結果を記載しています。

※ちなみに EDIUSの最新バージョンは「8」で、ここで検証している「6.08」はかなり古いバージョンになっていますのでその点はご留意ください。
※ver8に関しては「edius…?」さんの記事で検証が行われており、Ver6の結果とは大きく異なっているようです。

アプリケーションの起動

EDIUS自体の起動は問題ありませんでした。

ただし、後述するように、QuickTimeの削除によって読み込みが出来なくなったファイルは、オフライン状態になります。

edisu_sakujo_003

データの読み込みと書き出し

主要な動画・静止画ファーマットの読み込みと書き出しを行ってみました。

動画系データ

動画系データに関しては以下のような挙動でした。

・MOVラッパーのものはすべて「読み/書き」不可

・MP4ラッパーのものもほぼ全滅
※ただしMP4ラッパーを利用しているXDCAM EX(MPEG HD)の素材は読み込めた
※またH.264のMP4は書き出しができるものの読み込みは出来ず(書き出したものを他ソフトで読み込みは可能)
edisu_sakujo_001

ただし上記は あくまでEDIUS(ver6.08)の結果ですのでご注意ください。

私は未検証ですが「edius…?」さんの検証結果をみるとVer8では「MOV」「MP4」の読み込みもできる模様。

静止画系データ

静止画系ファイルはほぼ全滅状態で、読み書き可能なのは以下の形式のみです。

・読み込み:BMP、TGA(アルファチャンネル可能)のみ

・書き出し:TGA、SGIのみ
edisu_sakujo_002

まとめ

上述のようにVer8では、MOV形式の読み込みも可能・・・とのことですが、動画はともかく静止画系が読み込めないのは致命的ですね。

かろうじて、BMPとTGAは読み込めるので、通常の静止画はBMPに変換、
アルファチャンネル(透明情報)付きの静止画はTGAに変換して読み込めば、一応読み込めます。

仮に今後GrassValleyが対応パッチを出すにしてもVer6は除外される可能性が高く、本格的にソフトの移行を考えようかと思っています。

※Premiere/AfterEffects(CC2014)の動作検証は以下の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です