Premiereでカラーバー&トーンの1KHzを-20dbにする方法

Premiereでは、カラーバー表示時の1KHzトーンは-12dbがデフォルトになっています。

これを-20dbに変更する方法を調べましたので、以下にメモしておきます(※バージョンはcc2017です)。

はじめに

Premiere Pro には「ARIB STD-B28 基準に準拠する HD カラーバー(いわゆるマルチフォーマット・カラーバー)」が搭載されています。

・ARIB STD-B28:マルチフォーマット・カラーバー
https://webstore.arib.or.jp/jp/products/detail.php?product_id=382

カラーバーの音声トラックには1Khzのトーンが入っていますが、Premiereの場合 そのデフォルト値は「-12db」固定になっており、この初期設定を変更することはできません。

これを「-20db」にする場合は 以下のような手順を踏む必要があります。

  1. 初期設定のまま「-12db」の「カラーバー&トーン」を作成する
  2. できたクリップを後から「-20db」に変更する

以下で具体的に流れをみていきましょう。

具体的な流れ

「プロジェクト」ウィンドウ下の新規作成アイコンをクリックし「HD カラーバー&トーン」を選択する。

「HD カラーバー&トーン」ウィンドウが開いたら 項目を確認して「OK」を押す。

ここまでは通常の「HD カラーバー&トーン」作成の方法です。

このままでは「-12db」のままですので、続けて以下の設定を行います。

「プロジェクト」ウィンドウ上で、今 作成した「HD カラーバー&トーン」のアイコンをダブルクリックします。

すると、以下のように「トーン設定」ウィンドウが開きます。

あとは「一定のトーン」にチェックを入れ、「振幅:-20db」に設定して「OK」ボタンを押します。

以上の設定を行ったうえで、「HD カラーバー&トーン」をタイムラインに配置します。

無事に「-20db」で再生されるか確認してみましょう。

以上で終了です。

上記作業は カラーバーのクリップをタイムラインに配置した後でも可能です。

しかし その場合は 各クリップを個別に設定していく必要があり、複数のシーケンスにカラーバーを配置していた場合は 作業が煩雑になります。

なので、タイムライン配置前に プロジェクトウィンドウ上で、設定を済ませておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です