Premiereでオフラインのクリップを効率的に見つけ出す方法

Premiereで編集した動画を書き出そうとしたところ、以下のような警告が表示されました。

この書き出しに含まれるオフラインの素材は、オフラインMedia Encoderのグラフィックを使用してエンコードされます。

どうも、タイムラインで使用しているクリップのどれかが、オフライン状態(リンク切れ)になってしまっているようです。

しかし、タイムラインが下図のような状態なので、どこにそのオフライン・クリップがあるのか判然としません。

タイムラインを拡大表示して、ひとつひとつクリップを確認していけばよいのですが、もう少し効率的にオフライン・クリップを確認できる方法があるのではないかと思い調べてみました。

具体的な方法

まずはプロジェクト・ウィンドウを「リスト表示」にします。

その状態で、ウィンドウ下のスライダを動かして、メタデータの表示項目部分(名前、フレームレートなどと表示されている部分)で、「ステータス」項目を表示させます。

「ステータス」項目に、各クリップの「オンライン/オフライン」が確認できます。

ただし、この状態では ビンの中に入っているクリップの状態はわかりません。

ビン内のクリップのステータスを確認するには、各ビンを開いてあげる必要があり面倒です。

そこで、下図のように検索窓部分に「オフライン」と文字を打ち込みます。

すると、オフラインのクリップだけが抽出されます。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です