AfterEffects 光の明滅をOpticalFlaresで表現する方法

Video CopilotのAfterEffects用プラグイン「OpticalFlares」を使って、カメラのフラッシュのような光の明滅を表現する方法を紹介します。

完成すると以下のような感じになります。

作業の流れとしては、まず明滅のベースとなるオブジェクトを作成し、そのオブジェクトの「明度(Luminance)」にOpticalFlaresが連動するように設定をしていきます。

1:明滅のベースを作成

まずは、明滅のベースとなるオブジェクトを作成しましょう。

新規コンポを作成し、マスクを利用して白い「円」を作成します(Illustratorなどで作成しても構いません)。あとでOpticalFlaresとオブジェクトの明度で連動させますので色は「白」にしておきます。

opti_001

白い円の「透明度」にキーフレームを打って明滅させ、複数コピーしてコンポジションに配置します(※以下の動画参考)。

今回は、サイズがバラバラな円をいくつか作成し、地道にコツコツとランダムに配置しました。

2:OpticalFlaresと連動させる

上記の工程で作成したコンポをプリコンポーズし(コンポ名:Pre_WH)、非表示にします(下図1)。
続いて、新規平面を作成し(コンポ名:FX_OpticalFlares)、「エフェクト>VideoCopilot>OpticalFlares」を適用します(下図2)。

opti_015

続いて「OpticalFlares」の設定を以下のように調整していきます。

・「Positioning Mode>Sorce Type」でLuminanceを選択

opti_003

すると、Luminance Optionsの設定項目が現れますので、以下のように設定します。

・Source Layer:「Pre_WH」を選択
・Threshold:50%

opti_004

すると以下のように、OpticalFlaresが生成するフラッシュ(フレア)が表示されます。

opti_005

あとは「オプション」をクリックして・・・

opti_006

OpticalFlaresOputionsウィンドウで、好みのフレアを作成すればOKです。

opti_008

3:微調整する

以上が基本の設定になります。
デフォルトのままだと、あんまりかっこよくないので、あっちこっちをいじりながら調整していきます。

調整する項目としては、フレアそのものの種類を変更してみたり、「OpticalFlares」の「Brightness(=明るさ)」や「Scale(=大きさ)」などをいじってみたり・・・といった感じでしょうか?

opti_009

今回は、こんな感じになりました。

これをベースに、色々なバリエーションの作成が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です