アニメーションにおける奥深き"クチパク"の世界

アニメーション制作において、キャラクターがセリフを話すときの口(くち)の動き、いわゆる「クチパク」に関して書かれた記事をいくつかまとめてみました。

“アニメの作り方”みたいな本を読んでも「開き、中、閉じの3パターンで作成します」くらいことしか書かれていなかったりするんですが、平松禎史先生の「口パク話」(下記にリンクあり)”なんかを読むと、奥が深いんだなあとちょっと感動してしまいました。

基本的なクチパクの作り方

まず、日本のTVアニメにおけるクチパクの基本的な方法は…

日本のたいていのTVアニメの場合、口パクって「閉じ口」「中口(少し口開けた状態)」「開き口」の3種類で、これをランダムに繰り返させて「しゃべらす」ワケです。本来の人間の口の動きから考えたら、横に開く口と縦に開く口がない時点でもう絶対的に足りないんだけど、不思議なもので、なんかそれなりに合ってるように見えちゃったりします。
WEBアニメスタイル | 色彩設計おぼえがき[辻田邦夫]第46回 なぜか今週は「色」じゃなくて「口パク」のお話

ということのようです。

しかし、この「ランダム」というのも適当にすればいいのではなく「均等にアトランダムに出現させる」ことが必要とのこと。

いわゆる「口パク3枚」というのが、日本の3コマ撮りアニメーションの基本なのだが、いつの頃からかこの3枚の使い方が怪しくなってしまっている。
 「閉じ口=1」「中口=2」「開き口=3」と動画番号が振られているとする。1、2、3が「1、3、1、2、3、1、2、1、3、2、3、1、3、」のように均等にアトランダムに出現してくれるとよいのだが、「1、3、2、3、2、3、2、3、2、3、1、3、2、3、2、3、2、3」と滅多に閉じ口が出現しないタイムシートのつけ方が蔓延してしまっている。
(中略)
3コマ撮りアニメでは3枚の口パクが均等にランダムに出現してこそ有効に使われる。「3、2、3、2、3、2、3、2、3」だと、口を開いたままブレているだけにすぎない。なんで、こうなってしまったのかといえば、1980年代の合作ブームに原因があったりするのではないか、と考えてしまう。
WEBアニメスタイル | β運動の岸辺で[片渕須直]第76回 筆者多忙中につき

「クチパク」に関する参考リンク

クチパクに関して参考にさせていただいたページ。

平松禎史先生の「口パク話」

以下は、アニメーター、キャラクターデザイナー平松禎史さんによる、クチパク技法に関するツイートのまとめです。大友克洋さんのアニメ『AKIRA』製作時のクチパクに関して語っていらっしゃいます。

"通常リミテッドアニメーションでの人物の口の動きは3種類であるが、この作品では母音の数と同じ5種類で描かれている。(「AKIRA」wikiより)"

…とWIKIでは紹介されていますが、以下を読むと実際には7種類用意されていたようですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です