イラストレーター(Illustrator)でビデオセーフエリアのガイド表示を消す方法

イラストレーター(Illustrator)で、動画用に新規ファイルを作成する場合に「新規ドキュメントプロファイル」から、「ビデオとフィルム」を選択し、自分の目的に合ったサイズを指定すると、セーフガイド付きでファイルを作成することができて便利です。

illustrator_safeguide_hyoji_001

以下は「HDTV 1080」で作成したもの。デフォルトでは背景が透過状態を表すチェック柄になっていますが「表示>透明グリッドを隠す」でオフにしています。

illustrator_safeguide_hyoji_002

で、問題はこのセーフマーカー部分。

動画製作でいうところの「アクションセーフ」「タイトルセーフ」などのいわゆる安全フレーム部分を明示しているガイド線ですね。
作業状況によっては、一時的にこのセーフガイドを非表示にしておきたいこともあるのですが、メニューの「表示」にはそれらしき項目がありません。このセーフエリア表示をオフにするには以下の設定を行います。

ツールから「アートボードツール」を選択。

illustrator_safeguide_hyoji_003

画面上部の「アートボードオプション」をクリック。

illustrator_safeguide_hyoji_004

「アートボードオプション」ウィンドウが開いたら、「表示」部分の「ビデオセーフエリアを表示」のチェックを外します。

illustrator_safeguide_hyoji_005

以上でセーフエリアのガイド表示は消えます。
ちなみに、アートボード脇の数値(定規)に関しては、メニューの「表示>アートボード定規を隠す」でON/OFF可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です