不明な形式の動画ファイルを受け取った際に情報を確認する方法

とある映画の予告編映像を、動画データで頂くことになりました。
ところがいざデータをダウンロードしてみると、どういうわけかアイコンが正常に表示されません。

不思議に思って確認してみると ファイルの拡張子が削られてしまっています。

fummei_001

適当に、検討をつけて「.mov」とか「.avi」「.wmv」など拡張子を付け加えてみましたが、まるでダメ。

データアップロード時になんらかのエラーがおきたことも考えられるので、拡張子をしっかりつけた状態で再度元データを送ってくれるようにお願いしました。

で、しばらく経って、今度はZip圧縮されたデータが届いたのですが、それを解凍してみると・・・

fummei_001

なんと再びおなじく拡張子無しのデータが・・・
おそらく先ほどのデータをただ圧縮して、再送信しただけの模様。

動画データを送ってくれている人とわたしの間に、別の人がはいっているため、「拡張子つけてね」というメッセージがうまく伝わっていなかったようです(※今回のケースでは先方の担当者とわたしとが直接お話することができない状況でした)。

この時点で、結構遅い時間になってしまったため、先方には翌日連絡をとることにしたのですが、ここで動画データを「MeadiaInfo」と「真空波動研Lite 」で確認してみることを思いつきました。

いずれも、動画データのビデオ・オーディオ ファイルが使用しているコーデックについての詳細情報を表示してくれる、無料の便利ツールです(※作者の皆様ありがとうございます!)。

※もともと「真空波動研」という動画再生ソフトがあり、その機能の一部としてコーデック確認などもできる仕様になっているのですが、そのコーデック確認機能だけに特化したバージョンが「真空波動研Lite」になります。

いずれも動画データのコーデックが不明だった場合に、その情報を確認するのに重宝しているのですが、拡張子のないものまで表示できるものなのかはわかりませんでした。

まずは「真空波動研Lite」で当該データを読み込んでみましたが、「未対応形式」と表示されて中身は不明。

fummei_003

「まあ、そりゃそうだよね」と思いつつ、一応MeadiaInfoでも確認してみると意外な事実が判明。

fummei_004

「コンテナと全般情報」部分に「Zip」と表示されます。

もしやと思い、不明データに「.zip」の拡張子をつけて解凍処理してみたところ、解凍後にできたフォルダから無事にクイックタイムの動画データが出現!!

fummei_005

要するに、クイックタイムの動画データを圧縮したデータの拡張子(.zip)が消えていたわけです。

ちなみに、解凍した動画ファイルを「MeadiaInfo」で表示させてみたのが以下の画面です。

fummei_006

動画コーデックは「ProRes」で、1920×1080の24(23.976)で書き出された動画だということがわかりますね。
こういう使い方が本来の「MeadiaInfo」の使用方法なのですが、今回のケースでは不明データの判明にも役立ちました。

同様の事態で困った場合、覚えておくと助けになるかもしれません。

また、もちろん今回はたまたま「MeadiaInfo」で解決しましたが、だからといって「真空波動研Lite」よりも優れているということではありません。別のケースでは逆の結果も有りうると思います。

1個のツールを絶対視せずに、いくつか自分なりにツールの引き出しを持ち合わせておくことが大事だなと認識した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です