FinalCutPro(ver7)で24p素材を2:3:2:3で60i変換する

medium_5570870656photo credit: derrickcollins via photopin cc

基本的な確認事項

24Pで撮影から編集までを行い 最終的に60iの形で仕上げたい場合があります。

例えばドラマなどで「DVD用マスター24P」「放送用マスター60i」という2パターンの納品を求められるようなケース。この場合、一般的なのは「撮影から編集までを24Pで行ってプロジェクトを完成させ、後に60iに変換する」といった方法ではないかと思います。

この時の最終行程「24p → 60i変換」はいわゆる”テレシネ”作業にあたるわけですが、アドバンス収録などの特殊な用途の必要性がないかぎり、プルダウンパターンとしては「2:3:2:3 式」が最も適している(滑らかに見える)といわれています。

ところがFinalCutPro(以下FCP)の場合FireWireや、キャプチャボードのSDIを利用して外部収録機器に60i書き出しを行う際には「再生設定」から[2:3:2:3]だの[2:3:3:2]だのといろいろなプルダウンパターンが選べるようになっているのですが、ProRes422などのQTクリップとして(ソフトウェア内部で)60i変換をかけつつ書き出す際は、[2:2:2:4]というパターン固定になってしまうのです。 ※以下はすべてFCPのバージョン7の話になります。

FCP単体で書き出すのは無理

外部機器に書き出しは可能なので 一旦60iでテープに書き出して、再度キャプチャしてあげれば、面倒ではあるが「60i(2:3:2:3)」クリップを作成することはできます。 

しかし私の環境の場合、モニタリング用途としてBlackMagic社のDecLink(ビデオカード)は持っているものの、肝心の収録機器を保持していないため”一旦テープに書き出して再度キャプチャする”…といったことができません。

Blackmagic Design DeckLink Studio2 DeckLink Studio2

B002SSA33Q
FocalPointComputer 2009-10-02
売り上げランキング : 93845

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ソフト(FCP7)単体で2:3:2:3書き出しはできない

なので内部的にProResなどQTクリップの形で直接「60i(2:3:2:3)」変換して書き出せればいいわけですが、この方法だと上述のように、(2:2:2:4)固定で他のプルダウンパタンは選択できないのです。

そもそも、QTクリップの書き出し時にプルダウンパターンの選択画面が存在しません。

ちなみに、FCPの「システム設定」>「再生コントロール」タブにおいてプルダウンパターンの選択ができますが(※24p,23.98pシーケンスのみ)、これは外部モニタなどに表示する際のオプション(テープに書き出す際のプルダウンパターンの選択もココで行う)。

ただし、やはりQTクリップを作成する場合には、ここでの設定はまったく関係がありません。

つまり結論から書くと、FCP7ではソフトウェア単体での60i(2:3:2:3)書き出しはできないということです。

※2014年追記:アップルの公式コミュニティでも、公式サポートの見解として「書き出しパターンの変更は無理」という解答をもらった例が紹介されています(参考:24pシーケンスを2:3:2:3で60i変換する方法は?)。

無理矢理な解決方法

まず、簡単な解決方法としては、HDDごとスタジオに持ち込んでスタジオの環境で2:3:2:3変換処理をしてもらうこと。
とはいえ、様々な理由でスタジオが使えない場合もあるわけです。わたしも、なんとか2:3:2:3で書き出せないもんかと「FCP上でのQuickTime書き出し」「QuickTime変換を使用」はじめ、コンプレッサーや、シネマツールズなどであれこれ試してみたが(悪あがきともいう)どれもだめ。 

あきらめかけていたのですが意外(ってこともないが)なソフトで変換可能なことを発見しました。

そのソフトとは、FinalCutStudio付属の”Motion(モーション)”。 

簡易版のAfterEffectsといった位置づけ(?)で、FCPから直接データを移動できたり便利ではあるのですがこれまでほとんど活用せずにきました。

本来はFX系のソフトなわけですが、ココでは贅沢に変換ソフトとして使用することになります(試してませんがAfterEffectsでも多分同様のことができると思います)。

Motionでの変換方法の手順

それでは以下で、具体的な変換方法を紹介していきますが、後述するように何度も圧縮をかけたり色空間をまたいだりするのでおすすめできる方法ではありません(参考:なぜビデオ編集にはRGB色空間とYUV空間が混在しているのか?)。

以下の方法はあくまで、どうしても自分の環境下で変換処理する場合の「最後の手段」だと思ってください。

24pクリップの作成(FCP)

FCPにおいて24pシーケンスから、元素材になる24pクリップ(以後 クリップA)を書き出します。ちなみに、この方法の場合、何度かクリップを作成する必要があるため非圧縮データやProRes422HQ(4444)などで作成しておきましょう。

60iシーケンスに配置(FCP)

続いて、FCPにおいて60iのシーケンスを新規作成して、上記で作成したクリップAを、タイムラインに配置する。 この状態で、クリップAを選択し、右クリックメニューの「送信」から[MOTION]を選ぶ….とMOTIONが立ち上がる。

motion_soushin

3:Motionで新規クリップの書き出し(Motion)

今回は60i変換が目的なので、特にエフェクトなどはいじらずに、すぐにクリップの書き出し作業を行っていく。
MOTIONの「ファイル」>「書き出す」を選択すると、保存場所と、クリップの設定画面が表示される。

  • 書き出し…QuickTimeムービー
  • 使用……AppleProRes422(HQ)ムービー」

と選択して、「オプション」ボタンを押す。

すると、書き出しオプションが開くので、「出力」タブを選択して、下図のように選択を行う。

ここで注意したいのが「フレームレート」が”プロジェクトのフレームレートを使用”になっていることと、レンダリング品質の部分で、”フィールドレンダリング”にチェックが入っていることである。

kakidashi

この設定にて、OKボタンを押して書き出しを行うと、ここで新規に作成された60iクリップは2:3:2:3プルダウンの状態にて書き出されます。

Motion利用時の問題点

細かい検証などは行っていないが、上記方法の最大の欠点は、数回にわたって新規クリップを作成する都合上、余計な圧縮が入り込んでしまう部分かと思う。
今回の説明は、あくまでひとつの方法の紹介であって、まったくベストではありませんので、ご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

edius0715_001

EDIUSで複数のクリップに適用されたフィルタを一括削除する方法

今回は、極初歩的なコトながら長いこと知らずにいた機能についてメモしておきます。 EDIUS(エ

AfeterEffectsでオブジェクトのアニメーション速度を変えずに尺を変更する

例えば、あるオブジェクトに関して1秒目~3秒目で1回転するようなアニメーションをつけていたとします。

001_koudo_tabu

AfterEffectsで複数コンポの設定を一括で変更する方法(高度タブ含む)

以前「AfterEffectsで複数コンポジションの設定を一括で変更する方法」という記事を書きました

AfterEffectsでタイムラインの音声をスクラブ再生させる方法

一般的なノンリニア編集ソフトの場合、タイムライン上で「時間インジケータ(現在再生位置を示す線)」を移

gamen_2

EDIUSのシーケンスをHDV形式でカメラ/デッキを使ってテープに書き込む

EDIUSにて編集したプロジェクト(シーケンス)を、HDVテープに書き出そうとして、やり方が分からず

EDIUSで映像クリップの透明度(トランスペアレンシー)を数値入力で調整する方法

EDIUSで映像クリップの透明度(トランスペアレンシー)を一括で調整する方法です EDIUSで、透明

no image

パペットツールのピンの位置をエクスプレッションで同期させる際の注意点

パペットツールで、ポイント(ピン)を打ち、それをアニメーションさせたとする。 このアニメーションし

no image

AE|ELEMENT-3Dに関するメモ帳

■基本的な操作方法などはこの動画で。 http://www.videocopilot.net/tut

live_koushin

AfterEffectsでコンポジションウィンドウがリアルタイムに更新されない

AfterEffectsで、タイムラインをドラッグしながらアニメーションをチェックしようと思ったんだ

comp_set_001

AfterEffectsで複数コンポジションの設定を一括で変更する方法

注意:現在では"高度タブ"の設定もいじれる別のスクリプトの方がおすすめです。「AfterEffect

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

源泉徴収を回避する! fotolia(フォトリア)オンラインW-8 BENフォームの記入例

fotolia(フォトリア)は、アメリカの会社なので、本来、クリエ

no image
パーティキュラーの使い方を解説しているチュートリアル動画のまとめ

トラップコード社のAE用プラグイン「パーティキュラー」の使い方を解説し

ae_loop_001
[AE] キーフレームで設定したアニメーションを同じ速度(スピード)で継続させる方法

例えば、下図のように、星のオブジェクトがA地点からB地点まで2秒間で移

prelude_002
ADOBE Prelude(プレリュード)で映像データを精確に複製コピーする方法

この記事では、ADOBE Prelude(プレリュード)を使って

hakeizure_001
EDIUSで映像クリップの音声波形と再生が同期しなくなった場合の対処方法

EDIUS音声まわりの表示不具合に関して極たまにある症状をココにメモ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑