AftreEffectsCCバンドルのCINEMA 4D Liteを日本語表示にする方法

AftreEffects CCにバンドルされている「CINEMA 4D Lite」は、デフォルトでは英語表示になっていますが、日本語表示にすることもできます。備忘録としてココにその方法をメモしておきます。

cinema4d_011

具体的な日本語化の手順

AfterEffectsの「ファイル>新規>MAXON CINEMA4D ファイル」を選択し「CINEMA 4D Lite」を起動します。

cinema4d_001

「CINEMA 4D Lite」が起動したら、メニューの「Help」から「Check for Updates…」を選択。

cinema4d_002

Updaterウィンドウが開くので「Japanese Language Pack」「Release 16 – Japanese Quickstart」を選択します。
※わたしの環境では「Optional」タブでしたが「Updates」タブの場合もあるようです。

cinema4d_003

契約画面になりますので「Please choose your language」部分で日本語を選択し、「I have read and accepted the license」部分にチェックを入れて「Install>>」ボタンを押します。

cinema4d_0031

以下の画面が出たら再度「Install>>」ボタンを押します。

cinema4d_004

するとインストール作業が開始されます。

数分程度でインストールは完了しますので、以下のウィンドウが出たら「はい」を選びます。

cinema4d_005

「Restart」ボタンを押すとCINEMA 4D LITEが再起動します。

cinema4d_006

無事に日本語化できました!!

cinema4d_007

日本語化できない場合は?

再起動しても英語表記のままの場合は、以下の設定を試してください。

メニューの「Edit>Preferences」を選択。

cinema4d_008

Preferencesウィンドウが開いたら、Interfaceタブの「Language」でJapanese(jp)を選択します。

cinema4d_009

以下のウィンドウが出たら「OK」を押し、CINEMA4D Liteを再起動します。

cinema4d_010

以上で日本語化できているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です