Illustratorで囲み枠(枠線・座布団)付きのテキストを作成する方法

Illustrator(イラストレーターで)で以下のような囲み枠(枠線・座布団)付きテキストを作成するとしたらどのような方法があるでしょうか?

ai_txtkakomisen_014

真っ先に思いつくのはテキストオブジェクトの下に矩形(長方形)のオブジェクトを配置する方法だと思いますが、その方法だとテキスト側の文字数や字間を変更した場合に、矩形オブジェクト側も変形しなくてはいけないので、結構面倒です。

そこで、アピアランス機能を利用して、テキストだけで座布団を表現する方法がありますので、備忘録としてココにメモしておきます。

具体的な設定の方法

まずは、適当なテキストオブジェクトを作成します。

ai_txtkakomisen_002

続いて、テキストを選択した状態で、アピアランスの「文字」部分を「塗り・線ともに無し」の状態にします(※これは必須ではありませんが 後で作業がしやすくなるのでおすすめです)。

ai_txtkakomisen_003

すると、オブジェクトは以下のような感じになりますね。

ai_txtkakomisen_004

続いて、テキストオブジェクトを選択した状態で、アピアランスの左下の「新規線を追加」ボタンをクリックします。

ai_txtkakomisen_005

すると、以下のように「文字」の上に、新たに「線」「塗り」が出来ます。
後の工程を経ると、ここで作成した「線」が囲み線(枠線)になり、「塗り」が文字色になりますので 適当な色を選択しましょう(ココでは枠線を黒、文字色を赤にしています)。

ai_txtkakomisen_006

続いて「線」を囲み線(枠線)に変えていきます。

「線」を選択した状態で、アピアランス下の「Fx▼アイコン」をクリックして「効果>形状に変換>長方形」を選択。

ai_txtkakomisen_007

すると「形状オプション」ウィンドウが開き、アートボードでは、文字オブジェクトの周りに枠線が付いていると思います。

ai_txtkakomisen_008

文字と囲み線の間隔は「形状オプション」ウィンドウの「幅に追加/高さに追加」の数値で調整ができます(※ちなみに線の太さは「線」のピクセル数で変更します)。

ai_txtkakomisen_009

一旦OKボタンを押した後で再度編集したい場合は、アピアランスの「線」の効果部分(最初はバグでRectangleと表示される)の「長方形」部分をクリックします。

ai_txtkakomisen_010

続いて、座布団部分の背景色を設定していきましょう。

まず、アピアランスの左下ボタンから「新規塗りを追加」し(ここでは黄色に設定)、「文字」の下にドラッグします。

ai_txtkakomisen_011

すると以下のような順番になります。先に作成した「塗り=赤」は文字色で、新規に作成した「塗り=黄色」は背景色になりますので混同しないように。

ai_txtkakomisen_012

続いて、「塗り=黄色」を選択し、先ほど同様、Fx▼アイコンをクリックして「効果>形状に変換>長方形」を選択。各種数値を調整します。

ai_txtkakomisen_013

すると以下のような感じに。

ai_txtkakomisen_014

文字数を増減したり文字間をいじったりしても矩形部分も追随するので便利です。

またこの効果を「グラフィックスタイル」に登録しておけば、複数のテキストオブジェクトに適用できるようになるので便利です。

ai_txtkakomisen_015

Illustratorのバージョンを新しくしたのに 古いバージョンの時に覚えた操作方法でそのまま使用していませんか?

こちらの「10倍ラクするIllustrator仕事術」はサブタイトルに「ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識」とあるように、バージョン間の操作方法などの差異に着目しながら、より効率的な作業方法を学習できる名著です。

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です