AfterEffects プロジェクトウィンドウの初期構成をスクリプトで作成する

AfterEffects(アフターエフェクツ)を使用する際に、プロジェクトウィンドウ(ビンウィンドウ)のフォルダ構成は自分独自のフォーマットを作って使用している方も多いと思います。

例えば私の場合は以下のような感じ。

ae_script_001

「コンポジション」「素材」「そのほか」と大きく3つのフォルダに分類して、プロジェクトウィンドウ内を整理しています。また、各フォルダの位置(順番)も固定したいので頭に数字をいれて対処しています。

ただし、毎回作業開始時に これを作成するのが面倒くさい!

もちろん、上の状態のプロジェクトを1個作っておいて、それを立ち上げてから別名保存…という方法もありますが、それ用のプロジェクトを常に保管しておかなくちゃいけないのでわずらわしい。

そこで、スクリプトを利用してみることにしました。
オリジナルのスクリプトを作成しましたので、自分用の備忘録としてココにメモしておきます(バージョンはCC2014です)。

今回作成したスクリプトの内容

まず、今回作成したスクリプトを以下に記述しておきます。

自分用にちょっとメモしておくと…

ae_script_002

(1)で フォルダ「001-COMP」を作成(※変数「MakeObj1」)。(2)で フォルダ(001-COMP)内にコンポジションの作成。(3)で フォルダ(001-COMP)内にフォルダを作成。(4)(5)で それぞれ「002-SOZAI」「003-ETC」フォルダを作成しています。

※2行目の「コンポジション作成」部分の、それぞれの数字の意味は以下の通り。

(“コンポ名”, サイズ[横], サイズ[縦], ピクセル比, 尺[秒], フレームレート);

ちなみにピクセル比の数値は以下の画像()内の数値を参照のこと。

ae_script_003

スクリプトの作成と反映の手順

それでは実際に上記のスクリプトデータを作成し AfterEffects(アフターエフェクツ)に読み込ませるまでの手順を以下に記録しておきます。

スクリプトの作成は 「スクリプトエディタ(ExtendScript Toolkit)」で行いましょう(最初「メモ帳」でやったらうまくいきませんでした)。
AfterEffects(アフターエフェクツ)を起動したら、「ファイル>スクリプト>スクリプトエディターで開く」を選択。

ae_script_004

すると以下のようにスクリプトエディタ(ExtendScript Toolkit)が起動します。

ae_script_005

以下の部分が自分のバージョンに合っているか確認しましょう(わたしの場合はCC2014)。

ae_script_006

そして、あらかじめ作成していた先述のスクリプトをコピペします。

ae_script_007

「ファイル>別名で保存」で、今作成したスクリプトに名前をつけてデータを保存します。

ae_script_009

続いて上記のファイルを以下のフォルダにコピーします。

C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2014\Support Files\Scripts

下の画面がでたら「続行」を選択。

ae_script_010

以上でスクリプトの作成と保存は終了です。

実際に使用するには、AfterEffects(アフターエフェクツ)を一度再起動し、「ファイル>スクリプト」を選択すると…

ae_script_011

今作成したスクリプトが表示されていますので、これを選択。
すると以下のように、フォルダとコンポジションが自動で生成されます。

ae_script_001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です