Element3Dでテキストを立体化する(超)基本の設定方法

AEで簡単に3Dオブジェクトを作成&アニメーションできるプラグインの「Element3D(エレメント3D)」

ここでは テクスチャやアニメーションなどの細かい設定手順はおいといて「Element3D(エレメント3D)」を使って とにかく文字を3D(立体化)する手順だけをメモしておきます。

まず立体化したいテキストをレイヤーとして配置します(ここではAEのテキストレイヤーでベース文字を作成していますが、イラレのパスを読み込んだりすることも可能です)。

element_001

ここでは「3Dロゴ」という文字を作成しました。以後の工程でこの文字を立体化していきます(*以後の作業では このテキスト自体は参照するだけになるので レイヤーを非表示にしておきます)。

element_002

続いて「新規平面」を作成し「Element3D」を適用します。ちなみにエフェクトを適用できるのは「平面」だけです。「ヌル」とか「調整レイヤー」は不可なのでご注意ください。

element_003

Elementを適用したら、まずは「Custom Layers>Custom Text and Masks」を開き「Path Layer 1」に、先ほど作成した「テキストレイヤー(3Dロゴ)」を選択します。

element_004

この状態ではまだプレビュー画面(コンポジションウィンドウ)に変化はありません。
続いて「Scane Setup」ボタンをクリック。

element_005

「Scane Setup」ウィンドウが開いたら上の「EXTRUDE」ボタンを押します。

element_006

・・・と、以下のように先ほど作成したテキストレイヤーの文字が立体化されています。

element_007

本来はここでテクスチャなどの設定を行うのですが、ここでは触れません。
「Scane Setup」ウィンドウ右上の「OK」ボタンを押します。

element_008

・・・すると、AEのコンポジションウィンドウに、立体化したテキストが反映されています。

element_009

以上が超基礎的なElement3Dの使用方法です。基本的な操作方法などは以下の公式サイトのチュートリアル動画で確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です