AfterEffectsで複数コンポの設定を一括で変更する方法(高度タブ含む)

以前「AfterEffectsで複数コンポジションの設定を一括で変更する方法」という記事を書きました。

「rd_CompSetter.jsx」というスクリプトを利用する方法だったんですが、これはコンポジション設定の「基本タブ」しかいじれなかったんですね。

で、今回、既に作成した大量のコンポジションのフレームレートを変更する必要が出てきました。

最終の書き出し用コンポは「29.97fps」なんですが、その中に含まれているネストシーケンスは全て「15fps」にしたい。
この場合、基本タブでフレームレートを「15fps」に変更しつつ、高度タブで「ネスト時またはレンダーキューでフレームレートを保持」にチェックを入れる必要があるわけです。

そこで、今回は高度タブまでを含んでコンポジション設定を一括で変更する方法を調べてみました。

結論からいうと「Selected_Comps_Changer.jsx」という無料配布のスクリプトを利用すると、フレームレートなどの「高度タブ」を含むコンポ関係の設定を一括変換することが可能です。

ちなみにわたくしのAEのバージョンはCS4になります。

スクリプトの入手と設定方法

複数コンポジションの設定を一括で変更できるスクリプト「Selected_Comps_Changer.jsx」を利用します。

スクリプトを入手する

crgreen“という海外サイトから、スクリプト(Selected_Comps_Changer.jsx)をありがたく頂きます。

http://www.crgreen.com/aescripts/

上記サイトから入手したスクリプト”Selected_Comps_Changer.jsx“をAEのスクリプトフォルダにいれます(*1)。

(*1)私の環境(win7-64bit/AE CS4)では以下のフォルダ。
C:Program Files (x86)AdobeAdobe After Effects CS4Support FilesScripts

対象コンポを選択する

AEプロジェクトを立ち上げたら、まずは変更したいコンポジションを選択します。

ae_0219

Shiftキーなどを押しながら複数選択しましょう。
このとき、サブフォルダを開いて直接シーケンスのアイコンを選択してあげないと、ちゃんと選択ができないようです(フォルダを選択してもフォルダ内のシーケンスは選択されない)。

また、このとき少なくとも2つ以上のコンポを選択しないと、エラー画面が出てしまいますのでご注意ください。

スクリプトを読み込む

シーケンスを選択したら、スクリプトを読み込みます。
[ファイル>スクリプト>Selected_Comps_Changer.jsx]を選択。

もしも、選択欄にSelected_Comps_Changer.jsxが出てこない場合は、一度AEを再起動しましょう。

任意の数値で設定をする

設定ウィンドウが開くので、希望する数値を入れ込んでいきます(※変更の必要が無い項目は空白にしておきます)。

  • widh:
  • height:高さ
  • FrameRate:フレームレート
  • Length:デュレーション(フレーム値で入力)
  • pixel Aspect Ratio::ピクセル比(※?マークを押すと参考値がでます)
  • Shutter Angle:シャッター角度
  • Shutter Phase:シャッターフェーズ
  • Length:デュレーション(フレーム値で入力)
  • Preserve Framerate ~(*1):ネスト時またはレンダーキューでフレームレートを保持
  • Preserve resolution ~(*1):ネスト時に解像度を保持

(*1) デフォルトではグレーアウトしているので、Do:ボタンにチェックを入れます。

OKボタンを押して実行する

OKボタンを押すと自動処理が行われます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です